無料ブログはココログ

« 現行品でクラシックに そのに 輪行用ガード | トップページ | 現行品でクラシックに そのよん 手作りステッカー »

2006年5月 2日 (火)

現行品でクラシックに そのさん バーテープにシェラックニス

自転車のなかでクラシックに見せやすい一番の所は、サドル、その次はハンドル廻りでしょうか?

サドルはブルックスが頑張っているので手に入りやすいですね。フレームのカラーに合わせてブラック、ブラウン、マルーン、グリーンと豊富にありますね。

さて、ハンドルになると、これが少ない。角張ったアナトミックタイプトというやつばかりで昔の綺麗な曲がりのバーが少ないし、いろんな模様を彫ったものは現行では存在しないですね。

まあそこまで求めるのはマニアに任せて今から自転車を始める人は現行のニットーでも昔の曲がりのバーは有ります。刻印の場所に今は製品記号がプリントされていますが、それを細かい耐水ペーパーでバフかけ状態にします。だって雰囲気が合わないもん。メッキ部分のあるフレームにはこの方が合うと思います。

アウター出しのブレーキレバー(ダイヤコンペが現行で製造しています)を取り付けバーテープを巻きます。

ここら辺の作業は「自転車メンテナンス」新田眞志 著を参考にするとバランスのとれたすごくかっこ良いフォルムになります。

シートピラーとステムの長さの比率などなるほど!と考えさせられるところばかりです。

そして最後にバーテープなのですがこちらも革製品が何種類か出てますね。最近はブルックスも皮の所々にBROOKUSの刻印が入っています。木綿のバーテープも良いですね。ただグローブをしていても暖かくなってくると汗がバーテープについて色も黒ずんできたり、ネチネチになってきます。そこで対策としてテープの上からシェラックニスで固めます。こうすることで風合いも良く、耐久性も上がります。テープを最後に止めるところは、凧糸で縛りここもニスで固めておきます。

ランドナーには皮テープ、ロードレーサーには木綿のテープが似合います。細いクロモリフレームにチューブラータイヤを履いたクラシックロードには木綿で細く仕上げる方がすっきりします。

Dsc00679 Dsc00680

こちらは茶色の革テープを巻いたもの

Dsc00694 Dsc00676

こちらは木綿のバーテープです。元の色は左が白色、右が赤色

白色は良い風合いに上がりますよ。

Dsc00699

ヘンプ巻き、本当は麻紐でやるのでしょうが、こちらは失敗。麻が毛ばだってきれいに固まってくれませんでした。

« 現行品でクラシックに そのに 輪行用ガード | トップページ | 現行品でクラシックに そのよん 手作りステッカー »

コメント

時々お邪魔している中年親父で御座います。
[ ij3654 ] さんのブログでシェラックニス塗りの達人との事を知り、不躾ですがお尋ねしたくコメントを書かせていただきました。
[ ij3654 ] さんにもお尋ねしているのですが、本日ホームセンター2軒を回りましたが有りませんでした。
シェラックニスと言うのは商品名?、ニスの種類の名前?、何用のニスと言えば判るのでしょう?。普通の木部用のニスとは何が違うのでしょう?。
もしお解りでしたらご教授願えませんでしょうか?。
宜しくお願いいたします。

east bredさんこんにちは、いつもブログ、拝見しております。
コメントを書くと長くなりそうなので新しく記事を立てました。そちらを見て下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/1646646

この記事へのトラックバック一覧です: 現行品でクラシックに そのさん バーテープにシェラックニス:

« 現行品でクラシックに そのに 輪行用ガード | トップページ | 現行品でクラシックに そのよん 手作りステッカー »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30