無料ブログはココログ

« 華麗なる双輪主義 | トップページ | 現行品でクラシックに そのさん バーテープにシェラックニス »

2006年5月 2日 (火)

現行品でクラシックに そのに 輪行用ガード

自転車にはガード(泥除け)とキャリアは必需品だといつも考えています。今のスポーツバイクには少しでもコストダウンして売るために、ガードの付いたスポーツサイクル(こんな言い方はもう古いのでしょうが)はほとんどありません。それどころか、ライトやベルなどもオプション扱いになってしまってます。

競技用のロードレーサーは別としてサイクリングを楽しむ自転車にはガード、キャリアは必要ですよね。

ガードの付いた自転車はかっこわるいと考えてるあなた。それはかっこいい自転車を見たことがないからですよ。それに、輪行するのに面倒くさそうと思っているでしょう。

その昔、東のアルプス、西のトモダといわれた時代がありました。長い間自転車に乗られている諸兄ならおわかりだと思いますが両ショップが得意とする輪行仕様のサイクリング車です。それも一つの方法だけでなく、客のオーダーに応じて色々な細工、小物を組み合わせ効率よくいかにコンパクトにまとめるかと考えられていました。

今でも、小物は揃っておりいつでもオーダーに応じてもらえます。

この方法で私の700Cランドナーは工具なしで10分で輪行状態へ持って行けます。

それではトモダサイクル仕様各部のご紹介

Dsc00681 Dsc00684

後ろガードがクイックで、前ガードが蝶ねじで留めています。

前ガードの蝶ねじは6mmで蝶の部分が小さいものはなかなか無いですね。

おまけにこれはダイキャストでできてます。

Dsc00685 Dsc00686

こちらは42Bのタイヤを履いたランドナー。接続部分の両端にスポークを再利用して強度を上げています。

これでどんなダートを走っても大丈夫です。もちろん700Cランドナーもこの仕様

Dsc00682

ステーの端は環付きネジで工具いらず。

Dsc00687 Dsc00689

さいごのおまけにサイドバッグの輪行早業。U字ステーのハブ付近にご注目。

パイプを半分に切ったものが溶接されております。ここにサイドバッグにつけたステーを乗せ上のボルト2本を締めればできあがり。こちらは奈良の入部氏の作品です。

みなさん、ガード付きの自転車に乗りましょう。

« 華麗なる双輪主義 | トップページ | 現行品でクラシックに そのさん バーテープにシェラックニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/1646547

この記事へのトラックバック一覧です: 現行品でクラシックに そのに 輪行用ガード:

« 華麗なる双輪主義 | トップページ | 現行品でクラシックに そのさん バーテープにシェラックニス »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30