無料ブログはココログ

« 日本で買えないNITTOステム | トップページ | トレック 7300 »

2006年5月29日 (月)

日本列島横断センチュリー・ラン

大阪港から宮津までの160km、を走りました。早朝までは雨が少し残っていましたが、何とか回復し曇り空での開始です。結果的にはこの方が大変ヨカッタです。

早朝の大阪港、天保山公園に続々と集まりだします。カーボンフレームにビンディングペダルが半数以上でいつものサイクリングとはちょいと違うのでありました。「あれっ、Mさん先週はエンペラーやったのに今日はコルナゴ・カーボンで決めている!」

皆さん、相当に気合いが入っております。私は雨を心配してガード付きのいつものランブレット、ボトルを1Lサイズに、トンネルが多いのでリフレクターを自照式に交換しました。

前置きが長くなってしまいました。いよいよスタートです。約30名が一斉にスタート、「今回はこれで行こうか」という会長のお誘いで何名かですぐ横の渡船乗り場からUSJのある桜島までワープしました。

淀川の堤防沿いに少し走り、玉江橋を過ぎたところから先行したカーボン集団が後方から追い抜いてゆきました。渡船を使うとだいぶハヤカッタ。

能勢を過ぎる頃から登りがだんだんきつくなってきます。写真を撮る余裕もなく前について行くだけで精一杯、距離はと確認したらまだ50kmも走ってない。ふうふう言いながら幾つかトンネルを越えはらがたわ峠に、ここが本日の最高地点、補給食を頂き小休止。ここから豪快なダウンヒルを楽しみ山間の新緑を楽しみながら福知山へ。この福知山の手前が一番きつかった。オーバーペースがたたっかのか、太股の内側が攣ってきました。ギヤ比を下げてだましだまし何とか福知山駅前に。「今日はここまでか?」と考えましたが時間はまだ余裕が有ったし、途中でリタイヤとブログに書くのも恥ずかしい。

福知山から同行させて頂いた方々とは絶好のペースで足の痛みもどこかに消え、当たりのついたエンジンのようにペダルがくるくる回ります。由良川の左岸は車も少なく快調に飛ばします。潮の香りがし始めたたとき、待ちに待った日本海が姿を現します。

丹後由良駅から海岸線を宮津まで後ひと頑張りです。最後のアップダウンを何とかこなしようやく宮津駅に到着。

本来ならばここで終了なのでしょうが北大阪CCといたしましては天橋立駅までもうひとっ走り。まずは自転車をばらして輪行状態に。駅前の温泉で一風呂浴びて筋肉をほぐします。「いやあ極楽極楽」宮津駅まで戻って料理店で日本海の幸を頂きます。いやあ安いのなんの、たらふく食べてビルも頂いて2千円とちょっとでした。又、来年も行きまっせ! お疲れ様でした。

Img642 Img639_1

今回の案内と前半のコース図です。

Dsc00921 Dsc00925

Mさんご自慢のコルナゴ・カーボン  いよいよ出発です。

Dsc00926_1 Dsc00927

大阪市営の渡船です。無料です。

Dsc00931

淀川の堤防をのんびりと。ここから写真を撮る余裕がナクナッタ。

Dsc00936 Dsc00935

天橋立駅前の温泉です。玄関先には足湯もあります。JRの切符を買うと割引券ももらえます。

Dsc00942

最後は宮津駅前の料理店で海の幸三昧、せっかくここまで来ているだから色々楽しまなくちゃね。

« 日本で買えないNITTOステム | トップページ | トレック 7300 »

コメント

160km!ひゃー、お疲れ様でした!皆さん、健脚なんですね~。僕なんか今日、ピストで70km程度走っただけで、またまた膝の裏が痛くなってしまいました。長距離乗れない体です…。

ヤナイさん、私よりずっと若いんだから大丈夫ですよ。100km越えたあたりから調子が出てきまっせ。当日はWセンチュリーと称して帰りも走られる猛者も居られました。いや、恐ろしい。

お疲れさんです ほんと 健脚ですね
トレードマークの帽子 K村会長も参加されてんですね いつまでも お元気な方だ!
ヤナイさん 実用車でゆっくり 走りましょうや 走りすぎると トミーさんから 銀輪部隊 除隊になりますよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/1982452

この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島横断センチュリー・ラン:

« 日本で買えないNITTOステム | トップページ | トレック 7300 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30