無料ブログはココログ

« はじめての自転車 | トップページ | トレック 5500 »

2006年5月11日 (木)

クラシックバイシクル そのいち

クラシックロードレーサーを再生するにあたり、自転車の歴史をもう一度おさらいし直そうと考え、なじみのショップで輸入本を数冊借りてきた。

手持ちのクラシックバイシクルに関する書籍はダニエル・ルブールのスポーツサイクルの変遷第1~4集、Is,Bicycleが輸入販売しているTHE GOLDEN AGE OF HANDBUILD BICYCLESとダンシングチェーンVol.2。それと未知谷から出般されているツールに関する書籍が数冊。

ヨーロッパクラシックレースの写真集(70~80年代物、83年、84年)が三冊あるが今回参考にしたい資料には新しすぎる。

手持ちの資料では1970年代以降の写真は豊富にあるのだがそれ以前になるとD・ルブールのイラストになってしまい全体図や写真、人物と一緒の絵がとても少ない状況だ。

こちらとしてはその時代の服装まで再現して楽しみたいと思っているのだが。

 そこで借りてきた書籍だが1930年から50年代の資料が欲しいと思っていたのだが200ページ以上の書籍で半分ぐらいまで来てもオーディナリーである。逆に言うとそこまでの歴史がとても詳しく載っており、英語がわからなくともとても楽しく見れた。掲載されている写真を見てゆくと1880年代から1890年代に移ったところから現在の自転車のスタイル(前後輪が同経でダイヤモンドフレーム)になったようだ。まあ、それで長距離を安定した速度で走れるようになったので、1900年代になってツール・ド・フランスが始まったのではないだろうか。(ただいま想像だけでこの文章を書いています。間違っていたらごめんなさい。)

この書籍の出版元を見たら全部英国で、戦後はイタリアやフランスのメーカーやビルダーが有名だけれどそれよりずっと昔はイギリスが最先端を行っていたような感じである。

一度に全部UPできないので画像を数点添付して記事を書いてゆきたいと思っています。

本音はこれで当分ブログのネタの困らなくてすみそう。

どなたかカンパニョーロのカンピオ・コルサの資料持ってまへんか?

当時の選手の乗っている写真がほしい!!

ウールジャージのデ・マルキの輸入元タキスが持っていた写真集がほしい!!!

こういう格好をして街を颯爽と走りたいですね。

Book_017 Book_011

現存してるんやろか?

前三角だけでなくFフォークやシート、チェーンステーまで竹で出来ております。

1895年のロンドンの自転車店の広告のようです。

右の本にはこんな広告が出ておりました。

Book_018

わたしもこんなランプが欲しい!

Book_015 Book_016

英国自転車党の皆様はお持ちでしょう。

借りてきた輸入本です。どちらも英国の出版です。

Book_012 Book_010

« はじめての自転車 | トップページ | トレック 5500 »

コメント

kidaさん、こんにちわ。
とても素敵なBlogですね!!

>こちらとしてはその時代の服装まで再現し>て楽しみたいと思っているのだが。
わかりますねぇ~、その気持ち!
足の先から頭のてっぺんまでビシッと行きたいですよねw

ところで「IRIBE」のコラムで書かれいた、タンデムに乗っているK御夫妻って○谷さんでしょうか?もしそうであるなら私ども夫婦も、昔大変お世話になりました。

kimkazさん早速の訪問、有り難うございます。当時の資料は探すのは難しいですがやり甲斐がありますよね。休日に公園などを走って、「かっこいい!」「お洒落!」とか言われたら最高ですね。K御夫婦、大当たりです。今も元気にされていますよ。息子さんが近所で自転車店を経営されていて、私のサイクリング復帰のきっかけとなりました。

でましたね ローソクランプ 最後の最後に出してランプネタ終わらそうと思っていました 先に出されましたね 
私もまだ点灯させていませんが 造りはしっかりしています ミラー社製です
英国はよくも大英帝国と言ってもので 戦前に自転車の開発はほとんど終わっていたみたいです もう競技車両が存在していたのですから  今の先端のパーツも先祖を探せばほとんどが英国で見つける事ができます
本当に驚きです

こんちわ 本当に素敵なブログですね トーチのランプを関東の実用車仲間方 実際つけて走ってはりましたわ なんか 幽霊火のようだと・・KIDAさんほどの自転車知識があれば 理解できる話がたくさん その方のブログに掲載されてますわ わたしなんぞ にわか実用車マニアですから ちなみ皆さん入っておられる会は 銀輪道楽といいます もうすでにご存知なら 失礼しました http://www.globe.sh/guzzi/tommy/cycles/cyclefan.htm?

やっぱり ご存知なんですね 関東の やないさん ピンポンさん トミーさんなどのお歴々の面々・・・やないさんが訪問されますね!

まだまださん、お会いしたことは有りませんが英国自転車関連のブログはいつも見させて頂いています。しかしヤフーのブログには自転車マニアが多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/1757054

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックバイシクル そのいち:

« はじめての自転車 | トップページ | トレック 5500 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30