無料ブログはココログ

« 高槻堅田 朝市サイクリング | トップページ | トレック 7400 »

2006年6月19日 (月)

神鍋カップサンツアーロード

むかしむかし、前田工業が活躍していたとき、兵庫県の北部、スキーで有名な神鍋高原でサイクルロードレースが毎年開かれました。自転車好きな若者が大勢真夏に集まったとさ。当時まだ若かったkidaは日々金剛山でPELOTONを駆ってトレーニング、週に400kmほど走り込んでいました。

神鍋カップは本当に手作りのような草レースで、サンツアーの社員が一生懸命頑張って居られました。(シマノは当時冠レースをしていなかった)

宿泊は近くの民宿の大部屋で。一緒になった他のクラブチームともすぐ意気投合。本当に良い時代でした。

成績はって。それは聞かんといてチョーダイ。

男子はロードレーサーに乗っているのがほとんどでしたが女子はガードやライトを外したランドナーの方が多かったような?うちの嫁さんなんかミキストでタイヤはハチサンでした。女子のクラス分けなんか当然ありません。中学生からおば様までご一緒にスタートです。

ほとんどフラットなコースだったので先頭は団子状態でゴール。血気盛んな若者は、直前での落車も何回か有り車輪は曲がるわ、靴は飛び交うわ、それでも大きな怪我は無かったように思います。当時フレームは皆クロモリですので歪んでも修正が効きます。今のカーボンならすぐおシャカ状態です。あーもったいない。

あんな風な公道を使ったロードレース、もう開催は出来ないのでしょうか?

応援してくれるのは仲間内だけでなく、そこに住んでられる子供からお年寄りも。今のサーキットを借りきってのレース(F-1コースであなたも走れるというような謳い文句の何処がいいねん)なんかよりずっと暖かみがあって面白いと思うのは私だけでしょうか?

Img132

若kりし頃の写真で御座います。中央のグリーンのジャージがkidaです。お釜ヘルメットにヘルメットカバー、当時のレースはこうでした。

クロモリフレームにチューブラータイヤ、重さは9~10kg、勝つのは脚力のあるモノのみ。

Img134

女子の部スタート風景、「ぴちぴちのレーサーパンツ恥ずかしくて履けませ~ん。」

« 高槻堅田 朝市サイクリング | トップページ | トレック 7400 »

コメント

サンツアーのレースなんてあったんですね。
レースはツールのビデオを見るくらいです
^^;

ayakoさんはサンツアーミーティングに参加されているんでしたね。当時は皆レースを主催してくれるサンツアーに好感を持っていたし今の全日本の監督の高橋松吉氏に憧れていたものでした。それにスギノやアラヤも実業団チームを持っていて一番勢いがあっと感じます。あの時代は実業団登録していない者がでる大きなレースは神鍋とチャレンジロードぐらいしか無かったような。しかしここ最近は、関西シクロクロスが盛り上がってきています。冬の寒い季節に応援するのはチョットきついですけれど、楽しみにしています。

はじめまして。いきなりですが、今月(09年5月号)のサイスポの三野八重子や阿部和歌子見て”神鍋カップ”でググって来ました。私も中学時代から高校まで広島から神鍋カップに参加してた今年43歳のオジさんです。中3にグリーンのジャージ獲りました。写真、とても懐かしいです。引退間もないメルクスも神鍋に来ましたね。吉井アナはご健在なのでしょうか。また遊びに来ます。

オールドボーイ様、はじめまして。
阿部和香子、懐かしいですね。今は普通の主婦として生活されて居るみたいですね。
レース参加は無理としても何時までも自転車には乗り続けたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/2293453

この記事へのトラックバック一覧です: 神鍋カップサンツアーロード:

« 高槻堅田 朝市サイクリング | トップページ | トレック 7400 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30