無料ブログはココログ

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(計画編) | トップページ | 日本各地のカップ酒 »

2006年7月16日 (日)

トロンシェにフロントバッグ

今日は久々に、保津川のハイキング道路を走りました。

本日の目的はトロンシェに合うフロントバッグに合うソローニュのバッグを探しにIs,bicycleに行ったのでした。

ラクチンに行こうと思うと京都駅まで輪行すれば良いのですが本日は祇園祭宵山、洛中に寄りつかず行こうと思うといつものコースが良いかいなと?考えた訳でした。

桂川のサイクリングロードを走って行けば平坦で時間もかからないのですが、同じ道を往復使うのは勿体ないし、この時期の保津川も見たかったのもあり高槻から亀岡を越えていつもの道を行きました。

保津川下りの船乗り場はいつものごとく満員で順番待ちの状態です。

しかし、連日の雨で川は茶色っぽく濁っていて濁流になっています。

今日も自転車乗りとは一人も会わず出会うのは、ゴムゴートを積んだ軽トラックだけでした。

おうい、もっと自転車乗って走ろうよ。

いつもなら六丁峠をギヤを1、2枚残して乗って越えるのですが、気温も湿度も高い為か降りて少し押してしまいました。ちょっと情けないかいな?

嵯峨野はいつものごとく観光客でいっぱいで、この後、祇園祭に行くのでしょうね。

二尊院からは広沢の池を越えてあっという間にIsbicycleに到着。

たくさんのお客様が居られましたが勝手にフロントバッグを持ち出しサイズをチェック、皆さんは引き出しの中のパーツをあれやこれやと言いつつ探し出しておりました。

夕立の来そうな空模様で長居をせず早々と自転車をサイクリングロードに向けて走り出しましたが、途中土砂降りに遭い何度か橋の下で小休止。まあ日没までには帰宅できました。

さてさて帰ってからはバッグにオイルを入れて何時でも使えるように仕上げます。これからあとは、写真を見ながら読んで頂戴ね。

Dscn2046_1 Dscn2052_1

左が高槻市 原の八幡神社、いつもここで小休止。

右はすぐそ場の岡山林道への入り口、休日ともなるとMTBが走ります。

Dscn2056_2 Dscn2057_1

左が亀岡市内、右が保津川下りの船乗り場、右にはまだたくさんの観光客が待っています。

Dscn2068_2 Dscn2073_1

連日の雨で保津川は茶色く濁っています。

どちらの画像にも映っているのは嵯峨野線です。

Dscn2077_1 Dscn2081_1

こういう山道を走っていたかと思うと突然、

Dscn2084_1 Dscn2086_1

一転して風景がこのように変わります。初めては知ったときはびっくりです。

Dscn2087

嵯峨野の二尊院です。桜の季節は超満員です。

Dscn2091_1 Dscn2094

さてさて、本日の購入品、ソローニュのフロントバッグとショルダーバッグです。

ただいま、七夕セールで一割引です。

Dscn2101_1

そのままではサイクリングバッグとしては雨には弱いので少し加工します。

まずは左のBarbourのオイルを綿に染みこませ撥水加工を施します。こちらはフライフィッシングの専門店で取り扱っています。右はおなじみのミンクオイル、革製品に使います。

これで少しぐらいの雨なら大丈夫です。

皆さんはサイクリングバッグ、どのように手入れされていますか?

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(計画編) | トップページ | 日本各地のカップ酒 »

コメント

良いコースですね 詳しくまた教えてください
 地獄谷は上萩谷からしか走った事無いので標識に地獄谷とかいてありますね 八幡神社も気になりますわ 何処からはいるんですか??六丁峠って昔 嵐山の方から上がった事ありますわ ギア全部 使い果たして へとへとで 急やったけど短かったと kidaさんは反対からかな・・・
先日からはいろいろ お世話になりました
ありがとうございました

サイクリングバッグ、昨日お風呂でついにシャワーを浴びせました^^;
だって雨でどろどろだったもので^^;
今日乾いた後をチェックしたけど、いまいち落ちてないので、今度洗剤でごしごし部分洗いしてみます。

まだまださん、八幡神社はバス停の神峰山口か原大橋の西側になります。六丁峠より保津川沿いのハイキング道の方がきついです。20%ぐらいの所があり、とても乗れません。ここらは下の方で櫓をこぐギイギイという音を聞きながらフウフウ自転車を押しています。

ayakoさん、連日の雨でバッグも汚れてしまいますね。雨だけならまだしも車の跳ね上げるしぶきが油類を含んでいて、少々洗っても取れにくいもんね。きれいに乾燥させたら撥水スプレーをかけてあげましょう。

アーわかりました
それなら いったことがありますわ
神社の脇の道に 地獄谷の標識がありましたわ
写真が 山奥深い 林道のように見えたので
もっと 亀岡にあがっほうかなと思っていました

Kidaさん。
一度、バッグ関係のメンテナンス講習会をお願いします。

kafuさま、ミーティングでお話したとおり、転勤になり変則勤務で時間を取れるか未定です。こんな私で良ければなんぼでも喋らせてもらいますが宜しいでしょうか?

バッグにバブアーのオイル塗るんですか?なるほど、そういう良い手がありますね!今までズボラで、「バッグは汚れたら丸洗い」でした。今度真似っこさせてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/2681043

この記事へのトラックバック一覧です: トロンシェにフロントバッグ:

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(計画編) | トップページ | 日本各地のカップ酒 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30