無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

宇治うまいもの巡りサイクリング

宇治周辺、地元の特産品を味わうサイクリングです。

宇治の特産といっても雑誌等に載っている商品でなく、地元に勤めておられる先輩方からの紹介のお店を探して行きました。

紹介してもらったお店が宇治の中心部だけかいなと思ったら城陽や京田辺も入っていてこりゃ、BD-1よりは650の方が良さそうな、輪行もやめて自宅から走って行くことにしました。

まずは自宅を出て枚方大橋を渡り淀川の河川敷を走り八幡市へ、ここから木津川サイクリング道路で終点泉大橋までノンストップでサイクリング。

お店は手前の山城大橋の付近にあるのですが、どうせなら終点まで走って戻ってこようかな?と思った次第です。月曜日に走ったのですが休みの日と違い元気な高齢サイクリストが多いですね。

流れ橋のところでお話を伺った方なんかは70歳で、「今日はホイールを新調したら100km以上走ってしもうた。はよ帰らんと嫁や娘がすぐ心配しよる。あっはは。」とこんな具合です。

いやあ、ほんまに元気いっぱいです。

本日の一軒目、京田辺市草内(くさじ)にあります京漬物匠 岡之園は「山形の彩」で御座います。皆さん一番目は抹茶のお菓子類と思ったでしょう。残念、こちらは竹の子のしば漬け風味や京田辺産浅漬け茄子、ゆず大根などがあります。竹の子は長岡京など洛西方面が有名ですが生産量でいうとこちら京田辺の方が多いのですよ。こちらの竹の子は、ほとんど缶詰での全国出荷になっていますので。

二軒目は宇治槙島にあります丸五醤油醸造です。

ここの場所がなかなか解りにくくて槙島のあたりをうろうろして結局は携帯で2回も方向を教えて貰いようやくたどり着きました。

こちらの醤油は全国的には知られていませんが京料理を作るときには欠かせない薄口醤油を作って居られます。

杉樽で2シーズン寝かせた醤油ということでこれから使うのが楽しみです。

もうあと数軒、宇治市内のお店を廻りたかったのですが輪行袋なしの自走できたので残りは次回のお楽しみにしたいと思います。

次は宇治と郷ノ口、宇治田原周辺でお茶関連の美味しいモノざんまいといきたいです。

帰りは伏見の酒蔵周辺を抜けて帰路につきました。ああ、輪行袋持ってきたら良かったのに。

月桂冠やカッパカントリーを横目に見ながら残暑の残る道を漬け物、醤油を背負って帰るのでありました。

Dsc01165 Dsc01171

650Aながらよく走るトロンシェで行きました。

淀川の河川敷はバードウォッチングが多いですね。

車が全く来ないので快調に走ります。

Dsc01177_1 Dsc01178_1

流れ橋のたもとで、働く自転車です。

右はどこから来られたのか年配サイクリストの集団です。

Dsc01189_1 Dsc01187

京漬け物「岡之園」です。たけのこのしば漬けを求めて行ったのですが山芋の浅漬けわさび味がとても良かったです。

Dsc01197 Dsc01195_1

丸五醤油醸造です。

Dsc01199 Dsc01201_1

お店の裏には醸造所が有ります。右の建物はもう使われていない感じでした。

Dsc01202

伏見の酒蔵の間を通って帰ります。今度はちゃんと輪行袋もってこよっと。

丸五醤油醸造の場所はこちらです。

http://map21.ujicci.or.jp/map.php3?code=4017

お近くの方は是非どうぞ。

2006年8月21日 (月)

ラビットで敦賀市内を散策

日曜日は仕事で北大阪CCの高野山ツーリングに残念ながら参加できなかったのですが本日代わりの休みと言うことで18切符の残りを使って敦賀まで行って来ました。

思い出してみると敦賀は若い頃、北海道へサイクリングに行くときにフェリーターミナルまでよく使っていたんですね。

でもいつも素通りで市内を散策したことは無かったんです。

そこで今回は何処をまわるとか沢山走るとかでなく市内をぶらぶらと見て回ろうかいなと考えた次第です。

少し遅めの新快速に乗って長浜まで、そこから北陸線で敦賀というルートです。

長浜で少し時間があったので改札を抜け駅前をウロウロ、あちこちに「巧名が辻」関連のPRが見られます。

いろいろPRしているし京阪神から近いこともあって高知よりずっと集客は多いみたいですね。

さてさて、長浜から敦賀までの列車が入ってくると見たことがない車両やなあ。乗り込んでみると、何か古い寝台車を改造したような感じです。窓もブラインドでなく小窓にカーテンが付いています。

10月には敦賀まで新快速が連絡するので乗り納めするのは今のうちなのでしょうか?

そんなことを考えているうちに敦賀に到着。

ラビットを組み立てさてさて最初に何処に行こうかなと駅内の観光案内所でパンフレットを集めます。

月曜日なので資料館などは休みなので港あたりをうろうろして地元の料理店など探そうかなと走りはじめます。

まずは、気比神社、ここには元禄二年に松尾芭蕉が訪れたということで銅像があります。

その後は漁船の停泊しているところをうろちょろして美味しいモノは無いかいなと走ります。

駅前でなく漁港の近くで土産物店を発見,覗いてみると,串に刺さった焼き鯖が並んでいます。

「大きいのが出てしもてこの大きさしか残ってへんのや」、「へしこも今朝全部売れて残ってないんよ」とお店のおばちゃんが言ってくれましたがいやいやこの大きさで十分です。冬になったらカニと一緒に買いに来るからねとおしゃべりをして焼き鯖をサコッシュに入れまたまた走ります。

最後は駅前の魚屋さんで焼き鯖鮨を買い求め駅前でラビットを輪行袋に仕舞います。

3時間ほどの市内散策でしたが天気も良く楽しめました。

次回は小浜線沿いを700Cで快走したいですね。

2回分18切符が有ります。大阪か京都発で日帰りのツーリングを考えています。

すてきな企画を考えて下さった方に一回分同行と言うことでいかがでしょうか。

コメント、待っています。

Dsc01117 Dsc01121

長浜からはこんな車両で移動します。車内はこんな風です。上からベッドが下りてくる様な作りです。

Dsc01124 Dsc01126

市内散策と言うことでラビットの出番です。高速ツーリングが出来るようフロントをマイティーツアーに60Tのギヤ板、フリーを9-32の9段に変更、これでロード相手にも勝負できるかな?

Dsc01129 Dsc01131_4

気比神社の中の松尾芭蕉像です。ここの水も有名みたいです。

Dsc01132 

まだまださんに狛犬の画像を一枚。

Dsc01134_1 Dsc01135_1

海岸線沿いの公園です。木製の遊歩道(ウッドウォーク)が続いています。

Dsc01140 Dsc01145

赤煉瓦倉庫と停泊中の漁船です。この時期なら何を釣るのでしょうかねえ?

Dsc01147 Dsc01149

敦賀駅前には「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」のモニュメントが数多くあります。

それにあやかって帰りはカップ酒の人となりました。

2006年8月20日 (日)

BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(本番編)

「青春18切符を使って讃岐うどんを食べに行く」本番?に行ってきました。

前回参加できなかった必着仕事人さんと二人で予定していたのですが、前日に京都のS君から参加申し込みがあり前回同様三名でのうどんツアーとなりました。

BD-1が2台とクワハラ、グリフォンと小径車が揃っての出発となりました。

行きの電車はJR西日本で検索したら今回は姫路ではなく相生での乗り換え、ホームの移動が無く良いかなと思ったのですがここまで8両に乗っていた乗客が4両に移動したので超満員。JRさん、もっと車両を増やして頂戴よ。それとも混むのが嫌なら新幹線に乗れって。殺生でっせ。

それに比べると岡山からのマリンライナーは大阪を走っている新快速と同様15分間隔で運行され行き帰り快適に過ごせました。途中で車掌さんがJR西日本からJR四国に変わるのが面白いですね。

さてさて、うどん巡りですが今回も坂出下車で「彦江」、上原製麺所」と廻って行きます。彦江では隣の席のおばちゃんから「がもう」は長蛇の列が出来ているとの情報。

仕事人さんは初参加なので驚きと歓びで顔が笑いっぱなしです。S君はこれまで一人で数回来たことがある常連で再会?を楽しんでいます。

「がもう」は通り道やし混んでいたらパスしようと思っていたら、案の定駐車場からあぶれた車が田んぼの横に10台以上います。近づいてみると「本日玉切れ」残念でした。うどんは食べれませんでしたが店の大将と少しお話をさせて貰い、夜中の1時から仕込みを始めるとか、その日の天気予報で麺の量を決めるとか、暑い日はかなわんとか、いろいろ聞かせて頂きました。おまけにボトルにウォータークーラーの水を一杯頂きました。次回はもう少し早めに食べに行きますよ。

気を取り直して4軒目、「田村」へペダルを廻します。

今回も炎天下のもと、小径車にはちと辛い山道へ入って行くのですが私は前回の反省点から少しでも動きやすい様、足下はビンディングで固め、オーバーパンツを脱いでレーサーパンツだけで走りました。これでだいぶ楽に走れるようになりました。

ここから南の方へ山道をゆくのはしんどいと考え、ハンドルを高松へ向けます。

この道がなかなか良いルートで緩い下りの連続でお椀をひっくり返した讃岐の山々を見ながら快調に走れます。

高松に入って今回も栗林公園で小休止。

最後の一軒はどこにしようかとガイドブックで営業時間を確認します。

「さか枝」が営業時間が微妙でしたがまずは出発。

予想通り?のれんも終まわれ照明も消えていました。ところが玄関口でウロウロしていると中からおばちゃんが「うどん食べるんかい」と声をかけて貰い営業の終わった店に入れて頂きました。「自転車で走ってきたんかい」「大阪から来たんかい」といって天ぷらまでサービスで付けて貰いました。いやあ、感激です。今度は高松からまわるからね。

今回も楽しくまわれたうどんツアーでした。

セルフのやり方やお店の場所も判ってきたので涼しくなってきたら大勢で行きたいですね。

Dscn2245

小径車3台で坂出を出発します。

Dscn2254 Dscn2255

2軒目の上原製麺所、3軒目のがもうです。

Dscn2263

暖簾の下りた「さか枝」で頂きました。

お店貸し切り?です。

Img690 Img691_1

香川県内のローソンではこんな本が売られています。

次回の参考にしたいですね。

Dscn2273

フロントバッグにはうどん店情報地図と「うどん巡礼中」のステッカーを入れていました。

2006年8月14日 (月)

ランドウォーカーで石川サイクリングロード

盆で実家(大阪市平野区)へ帰ったついでに石川のサイクイングロードをランドウォーカーで走ってきました。

朝の短い時間だったけれどたくさんのサイクリストが走っていました。

子供を連れての親子サイクリング、何時逢ってもほほえましいですね。

さてさて、ランドウォーカーの走行ですが平坦路での30kmオーバーはロードレーサーの後ろに付いたりとある程度出来るようになりましたが、カーブがまだまだきれいに曲がることが出来ません。

本当は止まるようなスピードで曲がら無いといけないのでしょうが、こちらはサイクリスト、少しでも高いスピードで安定した曲がりを楽しみたいと考えているわけですがなかなかうまく行きません。

前回、高槻の山手で上り下りをと、書きましたがこちらも深夜勤明けで挫折してしまいました。

坂道の多いサイクリングの本番で持ち出すことは無いと思いますが、この車種の性能を何処まで引き出せるか色々やってみたいと考えている今日この頃です。

こんな気持ち(やる気)があるから真夏のサイクリングも出来るのでしょうね。

Dscn2232

石川サイクル橋にて

Dscn2243

後方は万葉集で有名な二上山です。

3時間ほどのサイクリングでしたが楽しめました。

次回は金剛山へも行きたいな。

2006年8月11日 (金)

ランドウォーカー・ラビット その四

ラビットにバッグを取り付けました。

ハンドル廻りはクイックシャフトがステム上についていたのでリクセンのアタッチメントが付きにくそうだったのですがクイックを反対方向に締めることで止まるようになりました。

おまけにバッグのふたのゴムが丁度引っかけられるように成りました。

ステムもオリジナルからダホン製に交換して貰ったのですがサドルに対して平行になるよう10cmほど切断してもらいました。

高さは良くなったのですが、後もう少し前へ出したいと考えています。

サドルもブルックスB-18に変更し、前後おそろいのソローニュのバッグを付けました。

これで少しはクラシック風になったかなと思います。

まだまだ近所の買い物程度の走りしかしていないので、週末に高槻の山手の方に行って上り下りの走りをしてみたいと考えています。

Dscn2230

Dscn2227

サドルを交換したらぐっと雰囲気が変わりました。

ダイヤコンペのキーホルダーは愛嬌です。

Dscn2228

あとグリップをクラシックな物に交換したいですね。

2006年8月 5日 (土)

ランドウォーカー・ラビット その参

ランドウォーカー・ラビット完成しました。

完成した車体を見ると小径のフォールディングバイクでありながら精悍さが有ります。

すんなり出来上がったように思われるでしょうがなかなか大変だったんですよ。

まずホイールが同じ20インチでも全く違うものでした。元から付いていたのはBMX用のもので今回セットしたのはロード用のもの、合わせてみるとリムの中にリムが入るぐらい大きさが違いました。

前輪は少々大きかろうが関係ないのですが後輪のブレーキ位置が合いません。MTB700Cのホイールを合わせる馬蹄型のアダプターをセットして貰いました。

シートステーやチェーンステーのブリッジまでの余裕はタイヤが細いこともあって何とかセーフでした。

ガードを付けるクリアランスも有りそうです。

前輪にWディスクブレーキが付いていてこれを同時に2本のケーブルで引くのですが左右少しでもずれるとブレーキをかけたとたんにハンドルが取られます。

調整がとてもシビアです。

変速関係なのですが前をWにしたいのですがパイプが太くて合うF・ディレイラーが無さそうな。

これは次に塗装を変えるときに直付け台座を溶接して貰おうかと考えております。

まあ問題点も色々あると思いますがそれも楽しみの一つです。

次の讃岐うどんに登場してもらおうかな。

Dscn2222

オリジナルと違い細いタイヤが精悍でしょう。

Dscn2219

後輪のクリアランス、ブリッジまであとすこし。リアセンターの寸法は390mmです。

Dscn2216

前輪のディスクを2本のワイヤーで引きます。

このステムだとリクセンのアダプターが付けにくそうな感じです。

2006年8月 3日 (木)

BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(下見編)

「青春18切符を使って讃岐うどんを食べに行く」下見?に行ってきました。

月曜日の仕事前にトモダサイクルに寄って「水曜日にチョット下見に行こうと思ってるねん。」という話をしたら丁度店も定休日やからご一緒に参加という風になってしまいました。

乗って行った自転車は当然BD-1、平日の朝7時台の電車内、学生が夏休みといえそこそこ混み合います。畳んでもコンパクトな小径車は良いですね。と書きましたが昼からえらい目に遭いました。

予定通り6時52分発の新快速姫路行きで出発、当日は店長と店のお客さん、それと私の3名でお出かけです。

姫路から岡山行きに乗り換えるわけですがタイムリミットは2分しかなく違うホームまで輪行袋をかついで行くのは大変でした。これが逆の大阪行きならば本数も沢山あるのですが岡山行きは逃すと相当の時間待ちです。

山陽本線、マリンライナーと乗り継ぎ瀬戸内海を下に見ながら列車は進みます。

計画通り坂出で下車、まずは自転車を組み立てます。まずは「彦江」へ地図を頼りにぼちぼちと走り始めます。

こんな細い路地、軽4輪しか通れへんでというところに有りました。

さてさて、お待ちかねの第一食目、後が控えているので皆さん小で始めます。「うーん。やっぱり弾力性が違います。」

もう一杯欲しいところですが次の店に。

二軒目は「上原製麺所」こちらの方が坂出駅に近いのですが開店時間が11時からなので後になってしまいました。

こちらの製麺所も看板が出ていないので判りにくかった。うどんを食べている横で機械が回っています。出来上がった麺が

近くの食堂などへ卸されるのでしょうか?

三軒目は超有名店「がもう」です。JR予讃線沿いの国道から少しそれて田んぼの中を走ります。

こんなところに!という場所に有りました。店の前には駐車場があり次から次に車が出は入りします。

ここではちくわの天ぷらをトッピング、セルフのやり方もだいたい判ってきました。

さてさてこの後は炎天下のなか、南へ南へペダルを廻します。

四軒目は「田村」こちらもモチッとした食感、何とも言えません。しかし2時間で4軒廻るとさすがに苦しい。

次に行きたいところですが、誰も動こうとしません。頭から水を被って小休止となりました。

またまた南へ下って五軒目は「池内」です。

こちらの店はぎりぎりセーフ、後から来たお客さんは玉切れでした。

店の裏の崖下ではうどんを食べて太った鯉がのどかに泳いでいました。

このあと高松空港を経由して高松市内へのコースを入ったのですが外気温40℃を越える中、お腹の中にはうどんが5玉。下っては登り、下っては登りでバテバテです。「うどん」の看板を見てももうええわの状態です。

BD-1では車輪が小さく慣性が少ないので下りの力を登りに使えません。こんなことやったら700Cで来るんやったと思ってしまいました。コースを選んだ私がアホやった。

まあなんとか高松市内まで戻り栗林公園で小休止、結局高松市内でのうどん店は一軒も無しになってしまいました。

最初に欲張りすぎたのがいけませんでした。

高松からは始発駅のマリンライナーでゆっくり座って帰れたのは正解でした。

今回、大まかなコースとしては良かったと思いますが、欲張るとえらい目にあうというのが判りました。

次回は高松も数軒いれて余裕のあるプランを考えて見たいと思っています。

それとサイクリングに適した道路も探してみようと考えています。

さてさて次回は何時にしようかな?

Dsc01037_1 Dsc01040_1

マリンライナー関西で走っている新快速と同じ車両でした。

まずは坂出駅で組み立てです。

Dsc01046 Dsc01041_3

「彦江」です。イカの天ぷらも頂きました。でっかいぞ!

Dsc01050_1 Dsc01049_1

「上原製麺所」です。この中で食べます。

Dsc01047 Dsc01048

私の好みではここが一番でした。食べてる横では機械が動いています。

Dsc01053_1 Dsc01055_1

「がもう」です。田んぼの中を走って、この突き当たりに突如として現れます。

Dsc01056

本日の三杯目、まだ食べれるぞ!

Dsc01061_1 Dsc01059_1

「田村」です。ここはお土産やアイスクリームも有ります。

Dsc01070_1 Dsc01066

「池内」です。自転車しか通れない左の家の間から入ります。

ここの唐辛子は要注意です。帰りにはボトルにいっぱい井戸水を頂きました。

Dsc01073 Dsc01076_1

栗林公園で一休みの後、高松駅に到着。

Dsc01080 Dsc01081

帰りのマリンライナーです。一両だけ座席指定が連結されています。

2階がグリーン、1階が普通の座席指定です。

以上讃岐うどん下見サイクリングでした。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30