無料ブログはココログ

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(本番編) | トップページ | 宇治うまいもの巡りサイクリング »

2006年8月21日 (月)

ラビットで敦賀市内を散策

日曜日は仕事で北大阪CCの高野山ツーリングに残念ながら参加できなかったのですが本日代わりの休みと言うことで18切符の残りを使って敦賀まで行って来ました。

思い出してみると敦賀は若い頃、北海道へサイクリングに行くときにフェリーターミナルまでよく使っていたんですね。

でもいつも素通りで市内を散策したことは無かったんです。

そこで今回は何処をまわるとか沢山走るとかでなく市内をぶらぶらと見て回ろうかいなと考えた次第です。

少し遅めの新快速に乗って長浜まで、そこから北陸線で敦賀というルートです。

長浜で少し時間があったので改札を抜け駅前をウロウロ、あちこちに「巧名が辻」関連のPRが見られます。

いろいろPRしているし京阪神から近いこともあって高知よりずっと集客は多いみたいですね。

さてさて、長浜から敦賀までの列車が入ってくると見たことがない車両やなあ。乗り込んでみると、何か古い寝台車を改造したような感じです。窓もブラインドでなく小窓にカーテンが付いています。

10月には敦賀まで新快速が連絡するので乗り納めするのは今のうちなのでしょうか?

そんなことを考えているうちに敦賀に到着。

ラビットを組み立てさてさて最初に何処に行こうかなと駅内の観光案内所でパンフレットを集めます。

月曜日なので資料館などは休みなので港あたりをうろうろして地元の料理店など探そうかなと走りはじめます。

まずは、気比神社、ここには元禄二年に松尾芭蕉が訪れたということで銅像があります。

その後は漁船の停泊しているところをうろちょろして美味しいモノは無いかいなと走ります。

駅前でなく漁港の近くで土産物店を発見,覗いてみると,串に刺さった焼き鯖が並んでいます。

「大きいのが出てしもてこの大きさしか残ってへんのや」、「へしこも今朝全部売れて残ってないんよ」とお店のおばちゃんが言ってくれましたがいやいやこの大きさで十分です。冬になったらカニと一緒に買いに来るからねとおしゃべりをして焼き鯖をサコッシュに入れまたまた走ります。

最後は駅前の魚屋さんで焼き鯖鮨を買い求め駅前でラビットを輪行袋に仕舞います。

3時間ほどの市内散策でしたが天気も良く楽しめました。

次回は小浜線沿いを700Cで快走したいですね。

2回分18切符が有ります。大阪か京都発で日帰りのツーリングを考えています。

すてきな企画を考えて下さった方に一回分同行と言うことでいかがでしょうか。

コメント、待っています。

Dsc01117 Dsc01121

長浜からはこんな車両で移動します。車内はこんな風です。上からベッドが下りてくる様な作りです。

Dsc01124 Dsc01126

市内散策と言うことでラビットの出番です。高速ツーリングが出来るようフロントをマイティーツアーに60Tのギヤ板、フリーを9-32の9段に変更、これでロード相手にも勝負できるかな?

Dsc01129 Dsc01131_4

気比神社の中の松尾芭蕉像です。ここの水も有名みたいです。

Dsc01132 

まだまださんに狛犬の画像を一枚。

Dsc01134_1 Dsc01135_1

海岸線沿いの公園です。木製の遊歩道(ウッドウォーク)が続いています。

Dsc01140 Dsc01145

赤煉瓦倉庫と停泊中の漁船です。この時期なら何を釣るのでしょうかねえ?

Dsc01147 Dsc01149

敦賀駅前には「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」のモニュメントが数多くあります。

それにあやかって帰りはカップ酒の人となりました。

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(本番編) | トップページ | 宇治うまいもの巡りサイクリング »

コメント

狛犬の写真有難うございます
岡崎式のい新しい狛犬ですね たぶん昭和?
気比神社は一度 訪れたい神社です
若い時にいったんですが その時は神社に関心なかったもんで・・ラビット号 輪行できるんですね へー  へしこ なかったんですか 残念でしたね へしこあれば もう2本ワンカップ呑めるんでは・・いや 4本か・・

ラビット、BD−1と最近は小径車の出番が多いようですね。
当方もいまちょっとした「小径車マイブーム」なので
参考にさせて頂いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/3159607

この記事へのトラックバック一覧です: ラビットで敦賀市内を散策:

» 奥の細道の旅〜えんぴつでなぞる奥の細道 [奥の細道の旅〜えんぴつでなぞる奥の細道]
「えんぴつでなぞる」シリーズは今、若者の間で密かなブームとなっています。あなたも芭蕉とともにえんぴつの奥の細道の旅に出てみては? [続きを読む]

« BD-1 にのって讃岐うどんを食べに(本番編) | トップページ | 宇治うまいもの巡りサイクリング »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30