無料ブログはココログ

« ランプの会にお越し下さい | トップページ | NOCC 小豆島ツアー そのに »

2006年10月10日 (火)

NOCC 小豆島ツアー そのいち

北大阪サイクリングクラブの行事、小豆島ツアーに参加してきました。

10月の8-9と連休を使っての企画がよかったのか、総勢30名の大人数でのサイクリングです。

中には前泊してられるUご夫婦や、関空から高速バスで徳島経由でこられたI氏など休みを上手く使われています。

しかし、高速バスは自転車持ち込み出来ないのですが、関空発着のバスはどんな大きな荷物でもOKらしいです。

皆で感心してしまいました。泉南方面のサイクリストの方、これは使えまっせ。

さて、今回のコースはJR日生駅まで輪行し、そのままの状態でフェリーで小豆島、大部港まで渡ります。

宿泊先の土庄までは色々ルートが有るのですが、海岸線を行っても寒霞渓を越えても総標高差はどちらも1000m

それじゃ、ということで寒霞渓越えとなりました。私より年配の60代、70代の方が多いのですが、ホンマにその歳かいなと言うぐらい元気です。皆さん、自分のペースを保ってじわじわと登って行きます。

会長なんかいつものごとくアウターだけで登ってきたらしいです。回転よりトルク型なのでしょうがそれにしてもすごい!

無事、展望台まで登り切れば疲れも吹っ飛び笑顔ではしゃいでいます。

ここからは宿泊先の土庄港まではスカイラインを使っての下り坂、18%の表示もありました。

登りでなくて良かったですね。途中、休みを入れた所ではブレーキが加熱してかシューが焦げた匂いが漂っていました。

皆さん、長い下りには要注意ですよ。

土庄の町に入り宿を目指すとどこからともなく胡麻の香りが漂ってきます。あそこの焼き肉屋から出てるんと違うやろか?と話しをしていましたが、小豆島ってごま油産業が盛んなんですね。そうめん作りにも使われていて、全国の生産量の50%近くが小豆島産ごま油と言うことです。そういえば翌日の朝も良い香りがしていました。

事故もなく無事宿に到着し、後はお風呂とお楽しみの夕食です。

皆さん、足も強いがお酒も強いこと。私は早めに飲み過ぎてしまい、お先に寝てしまいました。

明日へ続く。

明日へ続く。

明日も事故の無いよう、しっかり食べて飲んで休みましょう。

夕食は豪華な海の幸が満載でした。この後も料理が出てきました。

R0010334 R0010336

この空模様なら翌日も秋晴れが期待できそうですね。

信号のある町中にはいると30名もいると大変です。しっかり声かけをして、列をつなげます。

R0010329_2   R0010332

長い下りは要注意です。

下り勾配18%です。リムが焼けてシューから焦げ臭い匂いがしてきます。

R0010322 R0010327

そこの僕、よそ見してたらこけちゃうぞ。

ここから下りに入ります。足の良く廻る奥様と、口の良く廻る旦那様のUご夫婦です。

R0010315 R0010318

あの半島の先に港の分教場があるのでしょうか。

こちらは島の南側、草壁港が見渡せます。

R0010311

皆さんの見ている方向には今夜の宿が有るのでしょうか?

山頂展望台までやってきました。

R0010304 R0010308

M氏はここで記念撮影でした。

頂上近くまで登ってくると大部港が眼下に小さく見えます。

R0010294_1  R0010297

白いTシャツとカーボーイハット、遠くからでもすぐ判りますね。

会長の合図と共に、それ、ここから登りだぞ。

会長とM氏、何の話しをされていたのでしょうか?

R0010279 R0010285

子供用もちゃんと用意されています。

昼食は幹事さんがしっかり近くで予約して頂いています。

R0010274 R0010276

年配の方はブルホーンハンドルにSTIも多数居られます。

殆どがクロモリ、ガード付きの方が多いです。

昼食時の時にも他人の自転車は気になりますねえ。

秋空の元、快適に走り始めます。

R0010273_1 R0010278

完成まで一年半待たれたそうです。

奥様の自転車は全くのおニューのスポルティーフでした。

Wご夫婦は大阪では珍しいヴォーグのレーサーです。

今回は小さな子供も寒霞渓に挑みます。

幹事からのルートの説明があり、これから出発です。

R0010262 R0010259

約一時間で大部港に到着します。

日生から輪行状態でフェリーに乗り込みます。

R0010247 R0010253

西へ向かい土庄の港町へ。翌日は海岸線沿いに大部港まで。

まずは今回のコースの紹介を。北の大部港から南下、寒霞渓まで登ります。

Img721

« ランプの会にお越し下さい | トップページ | NOCC 小豆島ツアー そのに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/3754312

この記事へのトラックバック一覧です: NOCC 小豆島ツアー そのいち:

« ランプの会にお越し下さい | トップページ | NOCC 小豆島ツアー そのに »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30