無料ブログはココログ

« NOCC 小豆島ツアー そのに | トップページ | 日米富士 YOUTH号 »

2006年10月16日 (月)

NOCC 枝豆プライベートラン

NOCCM氏から穂谷農園の枝豆がまだ収穫時期なのでどうかと呼びかけがあり参加しました。

先日、小豆島ツアーとブッキングしているなあという話しをして居られたときはてっきり丹波方面と思っていたのですがよく聞くと大阪府枚方市の奈良よりの穂谷地区でした。

これなら普段、通勤に利用している実用車で行けるかなあと思い、前かごに鍋やストーブ、後ろ荷台にクーラーボックスをくくりつけ出発となりました。

目的地は丘陵地の奥だったので実用車では登りが少ししんどいかなあと思ったのですがN氏があんたなら大丈夫という無責任なメールを頂き、空気圧を少し高めに設定して出発しました。

枚方大橋を渡ると、なにやらにぎやかな声が聞こえてきます。そちらの方へハンドルを向けると今日は枚方の秋祭りの日のようでした、布団太鼓が旧街道を練り歩いています。

日曜日にしか担ぎ手がいないということですが、いつまでも続いて欲しいなあと思いながら写真を撮りながら自転車を押して後に続きます。

そうこうしているうちに駅前の繁華街を抜け集合地点のJR津田駅に着くと皆さん、お待ちかねでした。

いつものことですが、グルメサイクリングの時の顔はいつもほおがゆるんでいますね。

コンビニで弁当を仕入れて緩やかな道路を登りながら穂谷を目指します。

荷物満載の実用車ではありましたが何とか登り切り、だんだん近づいてきました。

関西外大のキャンパスを抜けると、丘陵地帯が開けコスモスの花が目に飛び込んできます。

いやあ、こんな近くにあったなんて。これなら毎年でも来ていたのにと後悔しています。

来週(10月、22、22日)でも枝豆の収穫は出来ますので、お近くの方は是非お越し下さい。

まずは、お土産分を確保してから、枝から豆をとって行きます。

今年の豆はつぶが大きいようですね。普段、家事をしない男性連中もしっかり作業をします。

その後は、皆で、料理ハサミを使いながら準備して行きました。

鍋で湯がきながらのんびりとおしゃべりをしながら待つ。本当にのんびりした休暇の使い方ですね。

そうこうしているうちに枝豆が茹で上がり、たらふく頂きました。

飲み屋で注文する輸入品と全く違う美味しいモノに皆、感動したサイクリングでした。

来年は子供も連れて行こうかな。(上手いこと言って荷物運びさせよかな)

R0010492_2 R0010494

枚方での祭りです。ふとん太鼓が出ています。

R0010499 R0010502

N氏はダホン、M本氏はトレンクル(チタン)です。6kg台ということです。

関西外大のキャンパスを抜けるとそこには!

R0010505 R0010534

緩やかな丘陵地にコスモスが咲き乱れています。

R0010511 R0010528

M本氏はさっそくお土産分を購入。コスモスも売られています。

10本、100円です。お代は竹の筒に入れて下さい。

R0010516 R0010519

早速、畑に入り株を分けて貰います。

M氏、そんなに注文して食べきれますか?

R0010520 R0010522

大きな豆がどっさりなっています。

R0010536 R0010539_1

場所を移して調理に掛かります。

来年は各自、料理ハサミを持参してくださいね。

茹で上がるまであとすこし。

火力の強いガソリンストーブが活躍しました。

食べ始めると写真を撮るのを忘れてしまいました。

R0010543_1 R0010545

食後には自転車談議、M氏の「フォルテ」、ガードのステーの処理が独特ですね。

Rブレーキもサドルバッグが付けやすい様、変更されています。

R0010548_1 R0010550

R0010551_1 R0010557

満腹の後は坂道を下りながら帰ります。

今回のハットリの実用車です。

25km/hのペースについて走るのはちょっとしんどかったです。

R0010562 R0010569

又来年行きましょうね。M本さん、枝豆落とさないようにね。

輪行組と別れ、淀川の堤防を走りました。

来週でもまだ収穫が出来るのでぜひお越し下さいとのことです。

お近くのサイクリストの皆様、是非行って下さい。

« NOCC 小豆島ツアー そのに | トップページ | 日米富士 YOUTH号 »

コメント

服部の実用車で参加ですか ご苦労様です
たくさん 荷物は積めますものね
N君 酔ってましたかな??

Nさん、小径車は酔っぱらっていても袋に入れられる。
最大の利点はこれだと言っていましたが、当日は酔いもせず、しっかり淀川の堤防を走って帰られましたよ。

まだまたさん。
最近、少しだけおとなしくしています・・・。
21日は参加させていただきますので宜しく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/3823314

この記事へのトラックバック一覧です: NOCC 枝豆プライベートラン:

« NOCC 小豆島ツアー そのに | トップページ | 日米富士 YOUTH号 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30