無料ブログはココログ

« 自転車「機械の素」 | トップページ | アテネ書房 廃業 »

2006年12月 7日 (木)

日本で買えないNITTOパーツ そのに

以前紹介したNITTOのステム、またまた購入しました。

それとあわせてサドルバッグのサポーターやらボトルも併せて輸入しました。

ステムはすぐに使うってことは無いのですが米国人の考えること。いつ廃盤になるかもしれないので見つけたときにすぐ

手に入れておかないと後の祭りになってしまいます。

今回詳しく紹介したいのがバッグサポーターなのですがこれもNITTO製なのです。

仕組みはすごく簡単、ホイールのクイックシャフトを応用しているだけなのです。

これならバッグの方に特殊加工しなくともベルトの付いている物ならどれでも行けそうです。

今までなら2カ所のベルトを外していたのがクイックを緩めてパイプを持ち上げるだけ、僅か数秒で済んでしまいます。

輪行時もこの金具がサドルの保護をかねてしっかり立ってくれそうな感じです。

それでは画像を見てちょうだい。

R0011016 R0011019

これがサドルバッグサポーターです。

本体はアルミで出来ています。

サドルベースへの取付金具が特殊です。

R0011031 R0011046

ランドナーに付けた画像の方が良かったのでしょうがバックループを外すのがめんどくさくてラビット号に付けてみました。サドルバッグはカリマーの大型タイプです。

R0011043 R0011047

止める位置が大分後ろになるので古くから有るタイプの方が良さそうですね。

ブルックスのバッグなどは底面を支えるサポーターが欲しいです。

R0011014 R0011027

こちらがラグ付きのNITTOステムです。

アルミのようですがクロモリで出来ています。

バーエンドに付けるリフレクター。安かったので大量に買ってしまいました。

次回のシクロジャンブルで出しましょう。

R0011024

リーベンデール社、マーク入りボトルです。

ランブレットに乗ってるお方、要りませんか~?

« 自転車「機械の素」 | トップページ | アテネ書房 廃業 »

コメント

お早う御座います。
これは便利村で良いですネェ。
レバーパッドに引き続き真似をして作りたくなってしまいました(^o^)。

サドルの櫓を掴む部品は切り欠きを付けたダルマネジって感じなのですか?。

フロントバッグにも応用出来そうで色々と想像してしまいます。

またまた、ミス入力してしまいました^^;。
便利村→便利そう でした。

で、コレって何処で調べられるのでしょう?。
私も見てみたいのですが。
お教え頂けますか?。

すばやいeastbredさん、ステムやボトルはリーベンデール社のHPに載っていますがサドルバッグサポーターは送られてきた通販用の冊子に載っていた画像だけなのです。
サドルへの取付は御察しのとおりの仕様です。ボルト以外は全てアルミで出来ています。
これと同じ物を沢山作られへんかとトモダサイクルに尋ねたところ、鉄では出来ないことはないけれど相当重たくなりますよ。と言うことでした。

本日大雨で自転車が弄れないので、前から気になっていたこの機構を試すためにサドルバツグを作ってみました。
この機構専用で作ってしまった為、サドルバックは普通のベルトでは吊せなくしてしまいました。
これはちょっと失敗だったかもです^^;。
後はサドル側に取り付ける金具を作らないと駄目なんですが、なかなか良い材料が無くて(まあ、先立つものが無くて買えないのですが^^;)もう少し掛かりそうです。
私のブログでこちらのブログを無断で載せさせて頂きました。ゴメンナサイ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/4454112

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で買えないNITTOパーツ そのに:

« 自転車「機械の素」 | トップページ | アテネ書房 廃業 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30