無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

NOCC 下萌の中紀州路へ

NOCCのクラブランで「下萌(したもえ)の中紀州路へ」と題して和歌山へ行って来ました。

熊野古道の紀伊路を取り入れてサイクリングで事前のミーティングでは担ぎが少しあるよってことでしたがいざ行ってみるとサイクリングというより、ハイキングか、登山という感じでありました。

JR和歌山駅に集合したのは9歳か75歳までの14名でありまして、年齢に関係なく皆健脚揃いです。

コースとしては和佐まで行きそこから南へ矢田峠を越え伊太祁曽へ海南をとおり熊野古道の紀伊路に入って行きます。

午前のコースでは矢田峠を越えるところが旧道で少し担いで行きました。

下ったところに伊太祁曽神社という立派な神社がありました。

ここで小休止したのち墨絵江の町並みを見学し藤白王子神社を目指します。

ここに通じる街道は小栗街道とも言われその昔、小栗判官が照手姫の土車に引かれて熊野を目指してこの路を通ったそうです。

藤白神社も立派な造りで植わっている木の太さにやはり木の国和歌山県ということを実感しました。

さてさてここからが本日のメインイベントとなります藤白坂越えです。途中には丁石といわれる地蔵尊がいくつもあってこれは距離を示すと同時に往来の安全を祈っているということだそうです。

途中には幻想的な竹林も通りなにやらタイムスリップしたような気分になってしまいます。

ふーふーぜーぜー言いながらも担いだりひっぱたりと山道を進んで行くとようやく藤代下王子跡に到着、ここからの眺めは苦労して登った為もあって感激です。和歌山県の「朝日夕陽百選」にも選ばれていました。

ゆっくりとつづら折れのミカン畑を下ると最後の難関、拝ノ峠が壁のように現れます。

距離はそんなに無いのですが勾配が半端じゃありません。どうみたって20%以上はあります。

これじゃ、サイクリングシューズより登山靴で来た方が良かったかなと少し後悔してしまいました(笑)

蕪坂王子社に着くと、これで本日の登りは終了となりました。

ここからまたまたミカン畑を下りJR紀伊宮原で終了となりました。

しかし、昔の人はこんな路を通って熊野本宮を目指していったのですね。

山道の担ぎに自転車は少ししんどいですが駅からのアプローチや平坦路や下りの移動には格好の手段ですね。

今回、自転車どころかハイキングをされている方と一人も出会わなかったのですがこの季節だったからでしょうか?

みなさんも熊野古道に自転車を使われてみてはどうでしょうか。ブレーキのよく聞く軽い自転車がよさそうです。

世話役のWさん。ご苦労様でした。

R0011569 R0011572

JR和歌山駅で集合、まずは伊太祁曽をめざします。

R0011575 R0011583

トンネルに入らず旧道を登って行きます。

R0011596 R0011597

越えたところが伊太祁曽神社です。この木をくぐると厄を逃れるらしいです。

R0011604 R0011607

墨江の町並みです。紀州漆器が有名です。

R0011609 R0011619

藤白神社で昼休憩となりました。

R0011614 R0011611

木の国ですね。こんな立派な休憩場所があるんです。

R0011623 R0011625

押しから担ぎになって行きます。

R0011630 R0011632

途中には丁石が距離を教えてくれます。

R0011638 R0011641

幻想的な竹林も現れます。

R0011642 R0011655

一休みしながらゆっくりと登って行きます。

R0011660 R0011661

登り切ったところはこんなに良い眺めが在りました。

R0011663 R0011667

登るとミカン畑を下ります。

R0011670 R0011672

最後の難関です。とても乗って登れません。

R0011679 R0011677

今回も楽しいサイクリング?が楽しめました。

皆さんもどうぞ行って下さい。

レーサーシューズは駄目ですよ。

2007年2月13日 (火)

OCA淡路島サイクリング そのに

二日目は島を横断し東海岸を北上します。

途中にある南あわじ市役所に併設された淡路人形浄瑠璃資料館を尋ねます。

会館時間前だったのですが大人数が押しかけたためか快く開けて頂きゆっくり見学することが出来ました。

テレビや映画のない時代の庶民の楽しみだったのでしょうね。

人形がこんなに大きな物とは思いませんでした。

楽しいからってゆっくりはしてられません。

またまた走り出すとそこには黄色い絨毯が現れました。

菜の花の畑です。しばしの間撮影会と相成りました。

その後東海岸へ出て北上します。淡路島は島が大きいためかアップダウンが少なくて走りやすかったです。

風の向きを見て東回り、西回りを考えて一周すると楽しいですね。

最後には明石海峡公園を通って対岸の神戸の町並みを眺めました。

近畿のサイクリング協会の会員の皆さん、こちらはまわろうよKINK2007の指定ポイントです。

とっても眺めの良いところです。是非行ってくださいね。

淡路島の色々なところを案内して貰い本当に楽しかったです。

そして帰りの電車までの時間に明石と言えばやっぱりこれですね。

近くの商店街でたこ三昧の一時を過ごしました。

日帰りでも十分楽しめるので関西にお住みのサイクリストの方々、是非淡路島サイクリングを楽しんで下さいね。

R0011421 R0011424

2日目も朝から元気です。

この日も気持ちの良いサイクリングが始まりました。

R0011433 R0011436

浄瑠璃資料館です。昔の小屋も再現されています。

R0011448 R0011446

突然現れた名の花畑にしばし小休止です。

早速、撮影会と相成りました。

R0011461 R0011465

R0011471 R0011474

明石海峡公園は良いところです。公園内も自転車で走れて気持ちよいですよ。

R0011492 R0011494

明石と言えばこれですね。

R0011496 R0011497

締めくくりはこれですよね。

明石の商店街にはいくつもの明石焼きの店があり楽しいですよ。

OCA淡路島サイクリング

OCA(大阪サイクリング協会)の行事「ぐるっと一周ツーリング」に参加し早春の淡路島を楽しんできました。

当日は明石港にいつもの面々が続々と集合してきます。

前日までの雨もすっかり上がり雲一つ無い晴天でした。

輪行状態でたこフェリーに乗りこみ岩屋港を目指します。

このフェリーは明石海峡大橋をくぐって行くのですがこんな大きな橋を人間が造ったと思うと凄いですね。

あっという間(20分)に岩屋港に到着、自転車を組み立て準備をします。

今年の冬は暖冬でこの二日間で沢山の春が見つけられそうで期待わくわくです。

今回はOCAの行事なのですが26名の参加者の殆どが北大阪CCでしめていまして走るスピードが速いし、一列棒状でとぎれることなく進んで行きました。こういうメンバーで走るのはとても気持ちの良いものですねえ。

まずは見学場所のひとつ目、野島断層保存館です。

断層のずれた後がそのまま残されていて自然の驚異の凄さが感じられました。

この後は海岸線を南へ南へとペダルを廻します。昼食後の訪れたのは高田屋嘉兵衛翁記念館です。

高田屋嘉兵衛は江戸時代の後期に活躍した廻船承認として有名で司馬遼太郎の「菜の花の沖」の主人公として登場します。

また一つ勉強になりました。

ただ走るだけでなく、歴史の勉強も出来るなんて幹事の皆さん、コース設定ご苦労様です。

当日の宿のある慶野松原付近は西風がとても強く横風にハンドルを取られながらも無事到着となりました。

さてさて走った後の楽しみは食事ですよね。

お風呂に入って食事の時間をわくわくしながら待ちます。

なんと言っても瀬戸内海の魚がメインですからねえ。

これは画像を見てお楽しみ下さい。

2日目はまた続きに。。

お腹が一杯になったところでU野氏の動物物まねが始まり皆を笑わせ夜は更けて行きます。

R0011416 R0011417

あんな大きな鯛がこんな姿に。Jさんお喜びのようで。

ひらめの造りが唐揚げに姿を変えて登場です。

R0011403 R0011406

とっても美味しいんです。たまりません。

鯛のほうらく焼きです。

R0011396 R0011398

この造りを食べ終わった頃には次の料理が出てきます。

走ったとは楽しいお食事です。こんな大きなヒラメの造りが並びます。

R0011391 R0011390

高田屋嘉兵衛記念館です。サイクリングをしながら歴史の勉強もできました。

R0011385 Img793

狛犬さんも沢山あります。新しいものはこんな大きかったです。

R0011367

R0011357 R0011362

お守りが沢山売っていますが何でも効くのでしょうか?

途中に寄ったいざなぎ神宮、ちょいと漢字が読めません。

R0011363 R0011365

ちょいとコースを間違えるとこんな所も通ります。

休憩するのも26名なら広いところが必要なのです。

R0011348 R0011355

淡路島をツーリングされる方はぜひよって欲しいですね。

震災の記録を伝える貴重な資料が沢山あります。

R0011340 R0011341

明石港で出発を待ちます。フェリーはこれから明石海峡大橋をくぐって行きます。

R0011320 R0011325

2007年2月 3日 (土)

東京下町ポタリング

ひょんなことから、東京へ行って来ました。

ランプの会の関東の友人から下町ポタリングの企画があるのだけれど?と言われ勤務の指定を見ると、休みになっていました。「自転車用意するから手ぶらでお出でよ。」その言葉に誘われ始発の新幹線に乗ってお出かけとなりました。

しかし、速いですね。6時15分に京都を出て8時半には東京駅に着いてしまいました。

2月というのにぽかぽか天気でコートを持っていったのですがずっとバッグのなかに入れたままでした。

上野駅を出発し、湯島天神、東京大学の中を通り抜け日暮里へと緩い坂を上ったリ下ったりとペダルを廻して行きます。

東大では赤門、安田講堂を見学し、食堂でお昼ご飯を頂きました。

ここの食堂は土日も営業しているんですね。メニューも沢山あって、何か観光名所の様でした。

日暮里駅周辺では自転車を置いて歩いて散歩でした。

そして最後には自転車文化センターで資料を沢山見せて頂きました。

翌日は友人宅で自転車談議に花を咲かせます。

いやあ、本当に楽しい休暇でした。

また東京の仲間と走りたいなあ。

R0011265_3  R0011266_1

上野では関東の仲間がお待ちかねでした。

R0011269_1 R0011270_1

まずは湯島天満宮でお参りです。

暖かさのせいか、梅の花が咲き始めていました。

R0011273_1 R0011278_1

赤門を通って安田講堂へ。東京は煉瓦造りが似合いますね。

R0011281_1 R0011282_1

大学構内には素敵な食堂が在るんですよ。

メニューも沢山あります。

R0011288_1 R0011290_1

日暮里駅では自転車を置いて散歩です。

この階段付記はドラマのロケでよく使われるような。

R0011301_1

自転車文化センターへ行くのに上野公園を通り抜けて。

あちこちで大道芸が行われていました。

いやあ。本当に楽しかったです。

またまた行くからねー。

この後はライカ・ラレーの画像をどうぞ。

R0011264

R0011262

ダイナモ・ライトは別物なのですがよく似合っているでしょう。

今度は走っているところを紹介しますね。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30