無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月18日 (火)

NOCC伊賀路サイクリング2007

9月の16、17日と北大阪CC恒例の伊賀路サイクリングに参加してきました。

昨年は関西友好クラブラリーとしてのサイクリングで約80名の参加でしたが今回は北大阪CCの行事であり参加者は17名のみでした。

集合地点はJR柘植駅でありまして各自思い思いのコースで集合してきます。この駅は関西線と草津線が交差しているので天王寺の便利の良い人は関西線で大阪駅や京都駅の便利な人は草津線で到着します。でも北大阪CCは大阪から走ってくる人が多いですね。私も来年からそうします(反省)

昨年は伊賀上野から宿舎を目指し、翌日は蝙蝠峠を越えて旧東海道を走りましたが、今回は逆コースでありまして柘植駅から蝙蝠峠をこえて大阪市立青少年野外センターを目指します。

翌日の予定は伊賀上野まで下り御斉峠を越えて、各自の帰路に対して加茂か、石山ということです。

こういうアバウトなところが北大阪CCの良いところですね。(まあ、それだけ地図が頭の中に入っていて時間の計算ができているということです。)

柘植駅前でのんびり待っていると走行メンバーが随時到着してきます。

天気予報では曇りで降水確率は高くなかったのですがこれから超える山には怪しい雲がかかっています。

雨がぱらつく中ぼちぼちとスタートしたのですがだんだん降る量が多くなり雨具の用意に取り掛かります。

このポンチョは良いででいう品評会で始まったのですが上りに入りだすとオーがーヒート気味に成りだし全部脱いでしまえと成りだし、濡れねずみになりながらもふうふう言いながら上ってゆきます。

それでも青少年センターの分岐に着くころには雨も止みさわやかな風が吹いてきました。

宿舎について皆の着ている物を洗濯機へ放り込み」風呂場へ」直行」となりましたが、この時期の服装のチョイスは難しいですね。昼間は真夏の服装でないと暑過ぎるし、宿に着き、夕方過ぎになると涼しくなり長袖が必要になり本当に難しいですね。

翌日は秋空の快晴でした。上空を見上げると雲の位置によって風の流れが違うんですね.低空は東に流れているのに上空は西に流れているってこともあるんですね。こんなの始めて感じました。

快晴の元、御斉峠を目指し上って行きます。

前日の雨模様と違い秋晴れの空の下、眼下に上野市内が見えます。木陰に入れば涼しい風も吹いてきます。

そし御斉峠にて昼食を頂、これから降りに入ります。

ここから高速の下りで南大阪方面のメンバーと別れたのですが、この後、木村長が石山、大津へ行くのなら宇治川沿いに走り八幡、枚方経由で大阪まで走ろうという言葉に騙されいえ、煽てられ大阪まで走ってしまいました。

約100km程でしたが4時半には自宅の居つくことができました。

R0012775 R0012779

草津から湖東の山並みを眺めながら柘植駅に到着しました。

快晴のようですが右のほうに怪しい雲が現れてきます。

R0012785 R0012787

案の定、ポツリポツリと降ってきだしポンチョの花が咲きました。

雨具談義をしながらの走行でこれもまた楽しかったです。

R0012790 R0012796

蝙蝠峠に着くころには雨も止みすすしい風が吹いてきます。

いつも道路で寝るSさん、横を行く車が交通事故と勘違いしまっせ。

少し下ったところから野外活動センターに入ってゆきます。

R0012801 R0012803

ここはセンターへの専用道路なのでまったく車が通らないので安心してはしてます。

R0012816 R0012812

翌日は秋晴れで本当にすがすがしい気持ちです。

各自の自転車を見ると個性が出ています。

R0012819 R0012821

去年は新緑の燃える季節にここを上ってきたんだなあと思いつつ、あっという間に下ってしまいました。

いやあ、皆さん年齢の割りに速いこと。

R0012829 R0012839

下ったところは田園地帯、左手にはジャガイモ畑が見えます。

まだまだ下って今度は関西線沿いに西へ向かって御斉峠を目指します。

R0012846 R0012849

上るにつれて眼下の視界が開けてきます。

村上さん、もうすぐ峠ですよ。

R0012851 R0012855

峠の手前にはこんな石碑がありました。

峠には御斉峠のいわれが記されています。

R0012860

この後、加茂へ出て大和路快速で帰るもの、北へ出てびわこ線で帰るものと分かれましたが会長にそそのかされ宇治川ラインを通り淀川の河川敷を走ってと大阪までペダルを踏み続ける羽目になってしまいました。

でも楽しかったですよ。それでも相当汗をかいたのかふくらはぎなどは塩が吹いていました。

また来年、期待しています。次回はどんなコースが待っているのでしょうか?

2007年9月 2日 (日)

NOCCぶどう狩りサイクリング

今年もぶどう狩りのシーズンがやってまいりました。

出発は毎年のごとく四天王寺西門なのですが私は実家に預けてあるプジョーを引っ張り出し柏原市役所でのんびり待つことにしていました。

ところが待ち合わせ時間になってもなかなか現れません。時間を間違えたかな?と考え出したら皆さんがぽつぽつと到着してきました。女子マラソンの交通規制に引っかかって通行止めが多、く大分遠回りしたとのこと。ご苦労様です。

またまたのんびりと休憩し、近くのコンビニで弁当を仕入れゆっくりとペダルを回してブドウ畑を目指して進んでゆきます。

残暑はまだまだ厳しいのですが空を流れる雲は秋を感じさせるようになってきました。

早速ぶどう棚の中に入らせていただき「よいしょ」と腰を下ろします。

昼寝はしませんでしたが今年もゆったりとした時間が流れえてゆきます。ぶどうの葉の間から差し込む木漏れ日がとても気持ちがよいですね。

昨年も書きましたが混雑した都会やテーマパークで過ごすよりこんな時間のすごし方こそ最高の贅沢なんでしょうね。

人それぞれ考え方はあると思いますが私はこの方が大好きです。お金もほとんど使わないもんね。

世話役のHさん、ご苦労様でした。

R0012731 R0012733

コンビニで弁当を仕入れのんびりと進んでゆきます。

R0012734 R0012739

青谷に入ると車の通行もほとんど無く安心してペダルを回せます。

R0012740 R0012742

そうこうしているうちに到着するほどの短い距離でありましてMさん親子が待っておられました。

R0012745

たわわに実ったぶどう棚、木漏れ日の中で至福のひと時を過ごしました。

来年も晴れますように。。。。

2007年9月 1日 (土)

PEUGEOT ユーロツアー 完成

長らく手付かずのままだったユーロツアーがようやく完成しました。

以前に紹介したとおりエンド幅が130mmあるのですが現行部品でなく少し古いパーツでアッセンブルしてみました。

といってもフランス製パーツで全部組むのは不可能なので国産のパーツをブレンドしています。

ハブはサンツアーのMTB用の130mmが丁度合いました。リムはアラヤのRC-540の磨き仕上げです。

クランクに変速系はシマノ600EX唐草模様、ブレーキ本体、レバーはマハック2000、ハンドル・ステムは昔のプジョーのロードから外したフィリップスです。此れに巻いたバーテープが最後まで思案でしたがベロックスのリムテープを文字が見えるように仕上げ、シェラックニスを塗りました。

早速、明日のNOCCぶどう狩りサイクリングでお披露目と考えております。

う~ん。服装はどうしようかな?

Dsc01390

どうです、なかなかよい感じでしょう。

Dsc01381 Dsc01383

唐草模様の600EXがクラシックなフレームと良く合っています。

Dsc01385_2 Dsc01389

ハンドル周りの雰囲気はいかがでしょうか?

Dsc01378

ワイドなギヤレシオじゃ無いので平坦路を快走するのに良さそうです。

明日のぶどう狩りで撮った写真を又アップしますね。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30