無料ブログはココログ

« 自転車展 開催される | トップページ | 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その一 »

2007年10月29日 (月)

自転車展 行ってきました。

京都府の南丹市日吉町郷土資料館で開催されている自転車展へ行ってきました。

絶好の秋晴れの中、自宅から山を越え野を越え、本当に気持ちよく走れました。紅葉も少し始まりだし、後1~2週間もすれば綺麗に色づくのでしょうか?

画像はありませんが高槻の樫田を越えて亀岡に入り保津川下りの船を横目に見ながらハイキング道路を進みます。

保津峡駅の分岐から北へ柚子で有名な水尾の里を通ってアップダウンを繰り返しながら進むと日吉ダムに出てきます。

このコースは今に時期が一番のようですね。来月、もう一回は知りたい気分です。

この日吉ダムは治水だけでなく色々なレクレーション施設が併設されていてなかなか楽しめる所なんですよ。

それは、ネットで調べて貰うことにして今回のメイン、自転車展の画像を見て楽しんで下さい。

R0013007 R0012939

当日は、日曜日でダムの方はたくさんの人出でしたがこちらはのんびりしているというかあまりPRされていないのでひっそりとしていました。展示も手作りという感じでほのぼのとしています。

R0012945 R0012948

これ、なんと木製フレームで出来ています。後キャリアも木製です。

20年ほど前まで現役で走っていたとか書いてありました。

地元の大工さんが作ったというそうです。

R0012986 R0012984

こちらは昭和40年代頃の製造の大島自転車です。

リヤカーを牽引していました。

R0012987 R0012990

重たい荷重にも耐えられるようスプリング入りの補助フォーク、ヘッドパイプにはリブでこれまた補強されています。

R0012957 R0012965

これが、今回の一番の見るべき自転車です。

明治末期に輸入されたトライアンフ、いろんな所に特殊工作がされています。

よく見ると新しいパーツと言っても昭和の30年前後の物ですが、色々混じっています。

出店に関して専門家がいてなかったのでそのまま展示されていると言うことです。

このころはカーバイトランプだったのでダイナモライト、バックミラー、ブザーぐらいは外して欲しかったなあ。

R0012960 R0012971

オポジットのブレーキはワイヤーがハンドルに内蔵されていて前はロッドで、後ろがワイヤーでダウンチューブを通ってハンガーの後ろでブレーキが掛かり仕組みになっています。

右が前ブレーキ、左が後ろのようです。

R0012973 R0012966

セルロイドのチェーンケースにスターメの3段変則です。

R0012975 R0012979

ホントに明治末期に作られたということに驚きの連続です。

R0012969

最後にサイクリングの写真としてこんな物も飾られていました。

大正末期の写真だそうです。

楽しそうに走った後の食事でしょうか?それにしても並んでいるビールビンの数がハンパじゃないですね。

飲酒運転は止めましょうね。

11月の25日まで開催されているので興味のある方はサイクリングがてらに是非見学に行って下さいね。

« 自転車展 開催される | トップページ | 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その一 »

コメント

先週、京都、福知山まで出張に出かけてました。道中、丹後あたりの国道沿いで萱吹き屋根の古民家を沢山見かけ自転車で行ってみたいと思ってました。コノ自転車にも惹かれます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/8661165

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車展 行ってきました。:

« 自転車展 開催される | トップページ | 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その一 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30