無料ブログはココログ

« 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その二 | トップページ | サイクリング大流行 »

2007年11月19日 (月)

NOCC 干し柿の里へ

先週に引き続き泉州、和歌山方面を走ってきました。

今回のコースは南海電鉄、泉北高速の光明池駅からスタートし父鬼、鍋谷峠、堀越観音、滝畑ダムと回ります。

集合地点の駅には北大阪CCとローマンCCそれにゲスト数名の26人のスタートと相成りました。

泉北ニュータウンを抜け徐々に山中に入って行きますがさすがに26人もいると信号で切れてしまいスムーズに進むことが出来ません。対向車や後方からの車に対し声で注意喚起をするのですが「バスが来た」と伝えたはずが「パンクした」に聞こえたようで停車してしまったりと、大笑いでした。

それでも信号のないところからはスムーズに走れ、父鬼に入る頃には車も少なくなり紅葉を眺めながらペダルを回せるようになりました。

鍋谷峠、堀越峠と今回の二つの峠は650mほどあり登り切るにはいつもより時間がかかります。

時計に付いた高度計は300mを少し越えていていつもならぼちぼち峠かなと思うのですが今回はこれでまだ半分、気温が低いのにじわじわと汗が噴き出てきます。

いつも北大阪CCの走るコースはサイクリストと余り出逢わないのですがここはロードレーサーの練習コースなのかバリバリの格好をした走っていました。ヒルクライムのトレーニングに良さそうですね。

鍋谷峠には12時頃に到着し、暖かい日差しもあったのですが干し柿の里まで行き、そこで昼食となりました。

峠を下ってくると有りました、有りました、日差しのあたる斜面に鮮やかな柿が連なって干してあります。

道路の両脇に続々と続く様子はまるで別世界に入り込んだようで何とも言えません。

峠を下りたと行っても標高は300m以上有り、この後の堀越観音まで干し柿は延々と続いて行くのです。

さすが「干し柿の里」と付くだけのことはあります。

ここらの農家はこの時期から正月までは大忙しなのでしょうね。

堀越まではまたまた登りなのですが自転車に乗るより押していた時間の方が長かったような。でもその分、廻りの景色を十分堪能でき大満足です。地元の看板に「捨てて良いのは日頃にストレス、取って良いのは空気と写真。」とユーモアたっぷり書かれてあります。わたしも一杯ストレスを捨てさせて貰いました。

この風景に出会えるのは一年の内のほんの数週間だけなのだから自然の作る力って凄いですね。

今回、距離はそんなにありませんでしたがなかなかの健脚コースでした。

それでも又来年も行きたくなる素晴らしい所です。ここだけでなく、日本の何処かには同じ風景が何カ所か有るんでしょうか?

R0013171_2 R0013173_2

光明池駅には沢山のサイクリストが集まりました。

R0013182 R0013183

鍋谷峠まで延々と登り坂が続きます。

R0013185 R0013188

峠で記念撮影、また少し登ります。

R0013198 R0013212

下って視界が開けた途端、鮮やかな干し柿が迎えてくれます。

R0013206 R0013207

何処を見ても柿、柿、柿です。

R0013227 R0013232

またまた柿のすだれです。

製造、直販売です。

R0013238 R0013241

堀越観音までこんな風景が続きます。

今、通ってきた道が眼下に。きついルートでした。

R0013243 R0013247

素晴らしい風景です。

R0013249 R0013260

何時までも見飽きない干し柿ですが3時頃を過ぎると気温が下がり始め5時には薄暗くなってきます。

皆さん、お出かけの時は早めの出発が宜しいようで。

また、来年の行きたいなあ。

« 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その二 | トップページ | サイクリング大流行 »

コメント

こんにちは、TH69と申します。
「鍋谷峠」で検索していてこのページを発見し、コメントさせていただきました。

父鬼を過ぎた製材所の辺りからスタートされた直後に私と遭遇したようです。(ピンクのTOYOのロードです) 集団から一人リュックを担いですごい勢いで登っていった方を目標にして、いい練習になりました。皆さんも干し柿の里へ行かれたようですが、そのあと私も鍋谷峠を下って広域農道から蔵王峠に登り、堀越観音の前を通って干し柿の里を抜けて帰りました。いつもは練習として走りますが、この日はツーリング気分でとても楽しかったです。たまにはのんびりサイクリングもいいですね。

では。

TH69さん、はじめまして。
ブログも拝見しました。私も昔は神鍋カップやチャレンジに出るため金剛山へよくトレーニングに出かけていましたが(その当時は南大阪に住んでいました)今はのんびりサイクリングばかりです。
TOYOといえば私のランブレットと同じところで作られた物なのですよね。
泉州、河内方面でランブレットを見かけたら声をかけて下さいね。

こんばんは、TH69です。
NOCCさんのサイクリングに触発されて、タンデムで串柿の里へサイクリングに行ってきました。坂がきつくなったら押せばいいという事に気付き、乗ったり押したりしながら散策を楽しんできました。串柿は大半が出荷されてしまい残念でしたが、わずかに残っていたものだけでも充分見ごたえはありました。堀越観音の大銀杏の木もすばらしかったです。
今回のタンデムサイクリングでさらに自信がつき、今度はどこへ行こうかなどと考えています。NOCCさんのサイクリングもまた参考にしたいと思います。
では。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/8994451

この記事へのトラックバック一覧です: NOCC 干し柿の里へ:

» 071202 串柿の里サイクリング [kunとTH69のタンデム日記]
自宅-天野山-鍋谷峠-折登(新道分岐)-串柿の里-堀越観音-蔵王峠-滝畑ダム-天野山-自宅 時間:約7時間 (うち走行時間:約4時間) 距離:約55km 鍋谷峠ヒルクライム:約55分(笑) ついに前からの念願だった「鍋谷峠越えで串柿の里タンデムサイクリング」というのをやってきた。でも、串柿はほとんど収穫されていて「串柿が無い~」と唖然となったが、上の方にはまだ残っている所もあって、何とかその素晴らしい景観を楽しみ、撮影し、kunちゃんに見せることができた。堀越観音は銀杏の木の黄葉とそ... [続きを読む]

« 第51回全国サイクリング大会in和歌山 その二 | トップページ | サイクリング大流行 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30