無料ブログはココログ

« しまなみ海道 再び | トップページ | NOCC 緑陰の北山へ »

2008年5月29日 (木)

歴史探訪サイクリング(本能寺の変)

6月の北大阪CCの行事は「緑陰の北山へ」という題目で私の担当になっています。

初めての担当と言うことで何処にしようか迷ったのですが何時も行き慣れている保津峡のハイキング道路にさせて頂きました。

出発も自宅から一番近いJR摂津富田駅とし、枚方亀岡線で亀岡に入りハイキング道路を通って嵯峨野へでて京都駅まで戻って来るというコースを考えました。

このコース、年に5回以上は走っているのですが通る場所を見てみると「本能寺の変」に関連した所を沢山通過して行くのです。

おまけに本番の6月15日は本能寺の変が起こり、秀吉が中国大返しで瞬く間に岡山から戻り山崎の合戦で明智光秀を倒した時期そのものなのです。

時は天正10年(1582年)明智光秀は織田信長より羽柴秀吉の応援に備中高山城に行けと命じられます。

光秀は5月17日に坂本城を出発し、26日に亀山城に移り27日に愛宕山に参詣し有名な歌、「ときは今 天が下知る 五月哉」を歌っています。

6月1日の夜半、亀山城を出発した光秀は老ノ坂を東へ向かい沓掛を過ぎたころ「敵は備中に非ず、本能寺にあり」と重臣達に伝え桂川を渡り京都に入って行きました。

2日の早暁、明智軍1万3千は本能寺を襲撃、信長は騒々しい物音に目を覚ました。馬の嘶きと鉄砲の音が聞こえ、「謀反にござりまする。旗印は水色桔梗、明智が者と見えまする。」という報告に、「是非に及ばず」と答えたといいます。

人生50年、後一年と言うときに掴みかけた天下が消えて行く瞬間だったのでしょうか?

信長の天下布武は完成を見ないまま、業火の中で自ら命を絶ったのでした。

備中高松城を攻めていた秀吉は3日の夜間に信長の死を知ると、毛利氏との講和をまとめ驚異のスピードで京へ向かった。

12日に富田に到着した秀吉はここで軍議を開き決戦の場は大山崎であろうと想定、高槻の高山重友(右近)、茨木の中川清秀らと総勢4万の大軍で有ったと言います。

光秀軍は近江方面に兵を配置したこともあって山崎に集結したのはわずか1万6千であったそうです。

14日の午後4時頃、当初は一進一退の攻防戦であったが圧倒的多数の秀吉軍に加え、弔い合戦とあって秀吉軍の士気は高く、光秀軍は敗走してしまいました。勝竜寺城に立てこもった光秀でしたが逃亡する者も多くその夜、密かに脱出、伏見大亀谷から小栗栖、山科、大津を経て坂本城へ戻る計画でしたが小栗栖で土民に槍で脇腹を刺され命を落としたとされています。

こうして本能寺で信長を倒して以来、わずか十数日で光秀の「三日天下」は幕を閉じたのでした。

当日、摂津富田を出発するのですが、秀吉が軍議を開いたのがどの場所だったのかは資料を探しているのですが富田とだけ記録されている文献が多く不明です。駅の南側に多くの寺があり寺内町として栄えた歴史があるのでそちらの方だったのでしょうか?

サイクリングは北へハンドルを向け摂津峡の山を越え亀岡に入って行きます。

この地域、元は丹波亀山という地名で三重県に亀山があるので明治維新に現在の亀岡に名前が変わったと言うことだそうです。現在の亀山城跡は大本教という宗教団体が管理していて中にはいることは出来ませんが5月に「光秀まつり」というのが催され今でも多くの人に愛されているのが伝わってきます。

亀山城、JR嵯峨野線を越えると保津峡の船乗り場に出てきます。4月の桜の季節や紅葉の時期には沢山の観光客で船に乗るのも長蛇の列が出来ることもよく見かけます。この列を横目に見ながらサイクリング部隊は川下りの船と併走しながらまずは沈下橋を渡ります。

運が良ければこの橋の下、数10センチ下を船が下って行くのが体験できますよ。

その後も数kmは保津川と並行しながら走り、少し分かれてハイキング道路は高度を上げて行きます。

眼下には保津川、JR嵯峨野線、そして嵯峨野トロッコ列車と見て取れます。

2本の列車と川下りの船、3つ同時に見ることができたら気分は最高です。

保津峡駅へ出るまでに少し広いところがあるのでここで昼食を取る時間を予定しています。

トロッコ保津峡駅では吊り橋の上から景色を楽しみましょう。

この後ヘアピンの連続で高度を再び上げ六丁峠を越え嵯峨野へと下って行きます。

普通、山道から下ってくると田園地帯が少しあって家屋が増えてくるというのが当たり前なのでしょうがここは山道を下った途端、土産物の並んだ街並みに突入して初めての方はビックリされると思いますよ。

広沢の池から来た方向を見れば光秀が歌を詠んだ愛宕山が見て取れます。

一条山越を越え宇多野を過ぎれば京都市街に入って行きます。

左に仁和寺、右に妙心寺と有名な寺を見ながら一条通りを東へ東へ。

新町通りか室町通りを使って南へ下り、元本能寺町にある本能寺跡の石碑を見て貰う様、計画しています。

ここから京都駅までは歩いても20分ほどですので、時間が許せば京の町屋を見学するも良し、錦市場で買い物するも良し、皆さん楽しみにして下さいね。

出来れば簡単な歴史資料を作成して配りたいと考えています。

梅雨の季節に入ってきましたが当日は晴れますように願って下さいませ。

これに楽しんで頂けたら「姉川の戦い」、「賤ヶ岳の戦い」サイクリングも計画しようかな?

R0010532 R0010409

高槻の北部、原にある八坂神社です。ここから東へ入る林道がありMTBがよく走っています。ここで休憩を予定しています。

R0010415_2 R0010414

嵐山まで下った船はこんな風にして運んで帰ってくるんですよ。

R0010536 R0010538

丹波亀山城跡です。

R0010417 R0010542

沈下橋を渡り川沿いに進みます。

R0010551 R0010552

川の対面をトロッコ列車が走ります。

R0010435 R0010433

トロッコ保津峡駅は吊り橋の向こう側、橋の下を船が下って行きます。

左の写真の正面の山に見える白い線はガードレール、ここまで登って行かなければなりません。でもここからの眺めも素晴らしいです。

R0010556 R0010560

嵯峨野を越え京都市街に入ったら最後は本能寺跡を見て貰います。

426年前にここを水色桔梗の旗で覆い尽くされたのでしょうか。

10人、20人のサイクリングでも統率するのは大変なのに、この戦国時代何万もの兵を動かし戦をするのは想像するだけでも大変だと実感します。

拡声器や携帯電話もない時代、どんな戦い方をしたのでしょうか?

最近この手の書籍にはまっている今日この頃であります。

« しまなみ海道 再び | トップページ | NOCC 緑陰の北山へ »

コメント

15日晴れたら良いですね
うちのクラブは 箕面でお好み焼き食べてますわ
戦国時代にはまってるんですか
また お酒 ご一緒できるとき 話聞かせてくださいね

明智殿は、好きな武将です。殿を訪ねていろんな所を旅しました。亀岡城も、大本教の管理で入れないそうですが、かってに入りました。2回ぐらい、中で、信者の方に会いましたけど、こんにちわ!と挨拶して、なにも、言われませんでした。天守閣に上がる階段に竹でできた、柵が有り、上る事は、できませんでした。
 亀岡から来たお客さんに、明智光秀さんの事好きです!と言うと、後日、電話が有り、殿になって欲しいと言うのです。亀岡祭り、市民や芸能人から選んでたそうですが、今は全国から募集してるらしいです。殿になるには、10万円、家来は、5万円でしたわ!お金有れば、殿になってたと、思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78107/21265721

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史探訪サイクリング(本能寺の変):

« しまなみ海道 再び | トップページ | NOCC 緑陰の北山へ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30