無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年6月28日 (土)

歴史探訪サイクリング 国友鉄砲の里資料館

歴史探訪シリーズ、長浜にある国友鉄砲の里資料館へ行って来ました。

実は勤務先が今週から能登川となり近江米の田んぼを眺めながらの通勤であります。

駅から現場までは2kmと歩けば30分ほど掛かるためBD-1を輪行しての通勤をしているのですが草津あたりまでは乗客も多く閉口します。

さてさて、昨日は非番日でありましたが現場にちょいと顔をだし、午後から湖岸道路をのんびりと長浜を目指してペダルを廻したのでありました。

能登川から湖岸道路まで右を向いても左を見ても田んぼ,田んぼの連続で本当にのんびりとしています。

湖岸に出てからは湖岸道路に沿って自転車専用道路があり、より湖岸沿いに設定されています。

ただこの道路、旧街道を通ったり、車道に沿った専用道路になったりとハイスピードで走るロードバイクには向かないかもしれないですね。でものんびり走る小径車やランドナーにはぴったりです。

彦根あたりで、遠くに城を眺めながらひと休憩。次回はひこにゃんに会いに彦根市街もポタリングしてみましょうか?

そんなことを考えながら湖岸道路をのんびりと進むと前方に長浜城が見えてきます。

ここは秀吉が建てた城として有名ですが当時、織田信長より小谷城を譲り受けた秀吉でしたが湖上交通の拠点として長浜の地に新たに城を建設したそうです。

長浜から明智光秀の居た坂本城まで船で移動、そこから京へといったのでしょうか?

今の幹線道路が出来るまでの物や人の輸送ルートを想像するのも楽しいものです。

国友の鉄砲の里資料館は駅から少し離れた場所にあり地図を確認しながら進みます。

駅前からは距離にして約6kmのところ、虎姫町との境に位置します。

この資料館の周囲には今も古い民家が点在し国友の歴史を記した石碑が沢山あります。

資料によると、堺と国友が鉄砲鍛冶で有名ですが国友はこの地域だけでなく全国の有名大名に師弟制度で人材を送っていたとされています。

又その人達が明治になって輸入された自転車(オーディナリー)をみて国産化をしたのが国友の鉄砲鍛冶だという記録が残っています。

種子島から渡ってきた鉄砲を渡されこれを造れといわれても工具もないような時代、どう工夫して作り上げたのでしょうか?

それはこの資料館に沢山説明されています。現物の火縄銃も手にとって触ることも出来るんですよ。

火薬を詰めて打つことは出来ませんが。。。

今度訪れるときはランドナーにでも乗って湖北の自然を堪能し最後に鉄砲の里資料館というコースも良いかもしれませんね。

R0010650_3 R0010652

能登川駅でBD-1をパタパタっと組み立て

R0010640

JRびわ湖線の高架下には味わいのあるトンネルが沢山あります。

R0010663 R0010659

梅雨の合間の晴天でありました。

R0010667 R0010668

この長浜城の中に資料館が有ります。

R0010683 R0010679

大きな資料館ではありませんが沢山の火縄銃が展示されています。

R0010673 R0010676

大砲や、直に触れる火縄銃もあります。

この火縄銃でも結構な重さがあるのに大砲なんてどうやって持ったんでしょうか?

R0010686 R0010687

帰りには長浜市内で少し観光を。

大阪からならば青春18切符を利用してのサイクリングが楽しめそうですね。

続きを読む "歴史探訪サイクリング 国友鉄砲の里資料館" »

2008年6月16日 (月)

NOCC 緑陰の北山へ

いつもは1人で走る保津川下りのハイキング道路をNOCCの行事として走りました。

心配された天気も曇り空ですが雨の心配もなく一日大丈夫の様子です。

JR摂津富田駅には私を含めて12名での出発と相成りました。

少し遠回りにはなりますが幹線道路を避けまずは駅の南側へと地下通路を渡る。

信号で切れるのに気を使いながら集団は芥川桜堤公園の手前から芥川沿いに北へ北へと向かいます。

樫田までの登りでは後半の山の中よりは上の口の住宅街の方が勾配がきつく車も多く気を使います。

上の口を過ぎ、少し道を逸れて原の八坂神社で小休止、ここの境内には、花崗岩製の石槽があります。昔の石風呂との説もあり、府の有形文化財に指定されています。真夏ならば、だれかさんの水浴び場に変わったかもしれませんね。

ここからは市街地を離れ採石場を越えれば新緑の中を快適に進んで行きます。登り切ったところが森林公園です。

ここでだんごやアイスクリームを食べしばし休憩、亀岡までのダウンヒル、皆さん楽しんで頂けたでしょうか?

このルートはもみじの植樹が多く紅葉の季節や新緑の時期には素晴らしい景色です。

亀岡市内に入ると綺麗に整備された城下町を抜け、旧亀山城の横を通り保津峡渓谷へと進みます。

船乗り場の横を通り少し進むと沈下橋、ここを渡りいよいよハイキング道路へと入って行きます。

いつもなら人のいない不動明王の石碑場所には二組のハイキンググループが食事中、我がNOCCもここで休憩と相成りました。

食事の終わる頃になると川上から次々と船が下ってきます。

写真を撮ったり、声をかけたりと何か子供の遠足の様な雰囲気でありました。

満腹になったところでまたまたハイキング道路を登ったリ、下ったり、次のビューポイント、トロッコ保津峡駅に到着です。ここは吊り橋の向こう側が駅になっていて橋の下を遊覧船が下って行きます。

先ほど声をかけた船も下ってくるぐらい自転車の方が速度が速いというか船がゆっくり下ってきます。

この後、六丁峠を越え嵯峨野へと下ると別世界が現われます。

ここで本日の誕生日、林氏を喫茶店でお祝いをいたしました。

当の本人はかき氷が良いと行っていましたがやっぱりケーキでお祝いしなくっちゃねえ。

この後、広沢の池から一条山越えを通り洛中へと向かいます。市内にはいると地元のF氏の先導で車の少ない道路を進みます。三条通の商店街を抜け堀川通りで京都駅へ、市内観光は又次回と言うことにしましょうか。

平坦路が無く上り下りの連続でしたが皆さん、楽しんで頂けたでしょうか?

また、楽しいルートを企画したいと思いますのでご期待下さいませ。

R0010585 R0010588

摂津富田での出発後、八坂神社での小休止、坂原氏は植物に興味津々。

R0010591 R0010595

新緑の山道をゆっくりとペダルを廻し高度を上げて行きます。

R0010598 R0010599

高槻の森林センターで小休止、ここから亀岡までダウンヒルを楽しみます。

R0010600 R0010601

沈下橋を渡りハイキング道路へ向かいます。

上手くいけばこの橋の下を船が通ります。

R0010607_2 R0010610

ハイキング道路沿いに船が下って行くのを皆さん喜んで頂けたでしょうか?

R0010614 R0010618

六丁峠を越え嵯峨野へ下ります。

R0010620 R0010621

山道から鳥居本へ。突然土産物屋へ突入です。

この後、広沢の池を通りJR京都へ、皆さんお疲れ様でした。

今日も嵐山は観光客で一杯でしたね。

京都観光は又次回ということで企画致しましょう。

« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30