無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ

2009年5月 9日 (土)

NOCC 合同ラン2009 3日目

いよいよ3日目はダートの林道、美山林道です。

一乗谷朝倉氏遺跡を南にハンドルを向け朝日を浴びながら集団は進んで行きます。

おひつを空っぽにするほどご飯も平らげたのでエネルギー充填、たっぷりであります。

林道の初っぱなはコンクリート敷きですが勾配がきつく早速の押し上げです。

途中には大きな落石があり、その間を自転車を担ぎ通り越えます。

その後も少し乗っては押したりとじわじわと高度を上げて行きました。

砂利の引かれた林道なので登りもしんどいですが下りもハンドルを取られスリル満点でした。

これだけの道を走るのならばMTB42Bの太いタイヤが必要でしょうがさすがは林道を走り慣れている両クラブ、700Cでも25や28でぐいぐい走って行きます。

ピークを少し過ぎたところで昼食となり、宿で作ってもらったおにぎりを皆で楽しくいただきました。

これだけ美味しいご飯なら日頃の米も福井米にしようかなと思います。

お腹もふくれたところで再びタイヤを滑らしながら下って行きます。

 地元ではこんな長いダートはなかなかお目にはかかれません。何年か後には再び訪れたいものです。

山道を降りたあとは再び見慣れた武生の街に帰ってきました。

天候もこの3日間、雨も降らず、暑くもなく最高のサイクリング日和でした。

来年も絶対参加したくなる行事でした。

幹事さん、素晴らしいコース設定、そして素敵な宿、有り難う御座いました。

港サイクリングクラブの皆さん、又来年お会いしましょう。

R0012540 R0012542

朝日を受けながら集団は進んで行きます。

R0012547

朝一番なので車も通らず爽快に走ることが出来ました。

R0012566 R0012571

いよいよ林道へ、落石を越え。

R0012573 R0012576

乗ったり押したりとぐいぐいと進んで行きます。

R0012581 R0012587

新緑が目にまぶしいぐらいでした。

ハンドルをしっかり握って登ってゆきます。

R0012591 R0012595

おにぎりを頬張りしばしの休憩、その後は脳も揺れるほどのダウンヒルを楽しめました。

R0012621 R0012624

全員、無事走り終え、楽しい3日間を過ごすことが出来ました。

港CCの皆様、又お会いしましょう。

2009年5月 8日 (金)

NOCC 合同ラン2009 2日目

  2日目は鷹巣を出発するとすぐに二枚田幹線林道です。

昨日、あれだけ沢山お酒を飲んだのにサイクリストは元気そのものです。宿舎前で記念撮影を済ませると早速出発です。

 この日の林道は観光のために出来た道路なのかピークに国見岳森林公園があり道路幅もたっぷりあります。

勾配も昨日同様最初は少しきついですが尾根筋に出ると緩い上り下りを繰り返し眺めも素晴らしいものが有ります。

登る途上で山上のガードレールを見上げて「あんな所まで登るの!」と言いながら顔はにこにこしています。

所々に現われるもみじの若葉が素晴らしく、紅葉の季節に再度訪れたいと感じさせるんです。

先のガードレールの場所まで登ると今度は越前海岸が一望に望める展望であります。

見晴らしの良い所に出ると少し休憩してはサドルに跨ります。こういうのんびりしたサイクリングが楽しくてしょうがないですね。

国見岳の頂上は大きな風力発電があり真下から見上げることが出来ます。

 登りの後はダウンヒルを楽しみ福井市内を九頭竜川沿自転車道で一乗谷遺跡を目指します。

途中の昼食場所ででは弁当が用意され、混浴の足湯も楽しむことが出来ました。

河川敷の自転車道は大阪や京都のにもありますが、こちらは人口も少ないためかのどかな走りが楽しめました。

途中に寄った造り酒屋で二次会用の酒を仕入れ本日最後の見学地、一乗谷朝倉氏遺跡に向かいます。

ここは一帯が大きな遺跡群で当日の宿もこの中にあります。派手な看板等もいっさい無く大袈裟に言えば戦国時代にタイムスリップしたような気分を味わっているようです。

遺跡群の中にある陣屋という宿にお世話になったのですがこちらでも素晴らしい夕食を堪能しました。

宿のひとは自転車乗りとはいえ年齢層が高いのでそんなに食べないと思っていたのか、翌日の朝食、おひつが次から次と空っぽになってしまいました。

3日目へ続く。。。

R0012397 R0012410

旅館からすぐに林道に取り掛かります。

眺めが良いところで小休止。

R0012417 R0012415

今登ってきたところが真下に見渡せます。

越前海岸も一望です。

R0012422_2 R0012427

頂上の風力発電、真下まで行くことが出来ます。

真下から見上げると迫力があります。

R0012444 R0012430

頂上からは高速のダウンヒルを楽しめました。

その後も田園地帯をハイスピードで市街地へ。

R0012453 R0012457

昼食後は仲良く足湯で混浴です。

足の疲れも取れ少し元気が出たでしょうか?

R0012460 R0012464

靴をしっかり履き直し出発です。

R0012478 R0012482

自転車道を独占しての走行です。

R0012483 R0012484

ひと休憩。

R0012491 R0012493

思わぬ団体で造り酒屋は大賑わい。

R0012501 R0012500

広大な地域に遺跡が点在しています。

R0012506_2 R0012507_2

瓜割の清水(うりわりのしょうす)、私の育ったところは読みは同じでも瓜破と書きます。

これは大阪でも読めない地名で有名です。

R0012504 R0012510

W夫婦のVOGUS、大阪では珍しいですね。奥様の自転車にはガードが綺麗に付いています。

自転車にはシートを掛けて頂いて明日の出発まで休んで貰いましょう。

R0012516 R0012521

豪華な夕食で時間はどんどん過ぎて行きました。

U氏の手招きは誰を呼んでいるのでしょうか?

前日に続き沢山のお酒を消費したのに。。。。

R0012529 R0012530 R0012531

お釜は空っぽに。

昼食に作って頂くおにぎりの分が朝食に回るほどでした。

3日目へ続く。。。

2009年5月 7日 (木)

NOCC 合同ラン2009 1日目

   北大阪CCが毎年東京の港サイクリングクラブ(MCC)と行っている合同ランに初めて参加してきました。

今回は北大阪の企画担当で越前方面を走ります。

出発駅は武生駅で一日目は西へコースを取り織田を通り花立峠を越え武周ヶ池へ、大味川沿いに越前海岸へ。

海岸を北上し鷹巣で一泊目の宿となります。

二日目、三日目も林道コースが設定されていてとても楽しみです。

北大阪CCは各自、思い思いの乗り継ぎで武生に集合してきます。12時スタートの予定ですが皆さん9時半頃には着いていました。

昼食の蕎麦をいただく時間を引いても余裕があるので数名で市内散策に出かけました。

まちなか博物館と称されたいろんな建物を見学したり、「ちひろの生まれた家記念館」を見たりと過ごしました。

チョット早い列車に乗ってくることで散策が出来るのはよいですね。

そうこうしている内に昼食タイムになり美味しい蕎麦をいただき駅前に戻ると関東組が自転車を組み立て済みでお待ちかねでした。

服装を見ると関西組はニッカズボンに柄入りのウールソックス、関東組は半ズボンにハイソックスという感じです。

全員ではないですが地域によって違うんでしょうかね?

私は初めての参加でしたが、この合同ラン、30数年続いている企画で年に一度しか会わずとも旧知の仲です。

担当者から今回のコース紹介があり早速走り始めました。

最初に目指すのは織田町の剣神社、こちらは3月にOCA行事で訪れたところでもあります。

ここまではほぼ平坦な道のりですがこれから先は登りの連続です。しかし新緑の風景と爽やかな気候が疲れを感じさせません。

担当者のコース設定も素晴らしく車の少ない道を選んでいるので気持ちよく走れます。

峠を越え海岸沿いを走りトンネルに出くわしたのですが脇に道があったのそちらにそちらにと多数の声で行くと何と道が途絶えていました。北大阪CCとしてはいつものことで早速道を探して自転車を押して担いで事なきを得ます。

宿泊は国民宿舎鷹巣荘で源泉垂流しの温泉で疲れも飛んで行きます。

その後は夕食、二次会と延々と続くのでありました。

明日へ続く。

R0012273  R0012267

JR武生駅に無邪気なサイクリスト集合であります。

R0012259_2 R0012265

ちひろの記念館を見学しおろし蕎麦をいただきました。

R0012280 R0012288

トンネルを越え田園地帯を走り31名のサイクリストが気持ちよくペダルを廻します。

R0012292 R0012293

剣神社でひと休止、 今後の安全を祈願します。

R0012302 R0012304

丘陵地帯を抜けいよいよ登りに取り掛かります。

R0012309 R0012313

とっかかりは少しきつい坂が続きますが尾根筋に出ると緩い上り下りを繰り返し眺めも最高です。

R0012318_2

本日の最高地点、花立峠です。トイレもあり休憩地点にもってこいです。

地元のひとも山菜取りに沢山来られていました。

R0012342 R0012350_2

トンエルを迂回した道はぷっつりと途絶えていました。

R0012361 R0012369

無事は走り終え美味しい海の幸をいただきました。

U氏も18番のコケコッコーで楽しませていました。

この後、いつものごとくお酒が減ってゆくのでありました。

二日目へ続く。。。

« 2009年4月 | トップページ

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30