無料ブログはココログ

2006年12月 7日 (木)

日本で買えないNITTOパーツ そのに

以前紹介したNITTOのステム、またまた購入しました。

それとあわせてサドルバッグのサポーターやらボトルも併せて輸入しました。

ステムはすぐに使うってことは無いのですが米国人の考えること。いつ廃盤になるかもしれないので見つけたときにすぐ

手に入れておかないと後の祭りになってしまいます。

今回詳しく紹介したいのがバッグサポーターなのですがこれもNITTO製なのです。

仕組みはすごく簡単、ホイールのクイックシャフトを応用しているだけなのです。

これならバッグの方に特殊加工しなくともベルトの付いている物ならどれでも行けそうです。

今までなら2カ所のベルトを外していたのがクイックを緩めてパイプを持ち上げるだけ、僅か数秒で済んでしまいます。

輪行時もこの金具がサドルの保護をかねてしっかり立ってくれそうな感じです。

それでは画像を見てちょうだい。

R0011016 R0011019

これがサドルバッグサポーターです。

本体はアルミで出来ています。

サドルベースへの取付金具が特殊です。

R0011031 R0011046

ランドナーに付けた画像の方が良かったのでしょうがバックループを外すのがめんどくさくてラビット号に付けてみました。サドルバッグはカリマーの大型タイプです。

R0011043 R0011047

止める位置が大分後ろになるので古くから有るタイプの方が良さそうですね。

ブルックスのバッグなどは底面を支えるサポーターが欲しいです。

R0011014 R0011027

こちらがラグ付きのNITTOステムです。

アルミのようですがクロモリで出来ています。

バーエンドに付けるリフレクター。安かったので大量に買ってしまいました。

次回のシクロジャンブルで出しましょう。

R0011024

リーベンデール社、マーク入りボトルです。

ランブレットに乗ってるお方、要りませんか~?

2006年11月27日 (月)

シクロジャンブル雨模様

降水確率100%の予報の中、行ってきましたシクロジャンブル

ランドウォーカー・ラビットを皆さんに見て貰おうと考えていたのですがこの天気ではと思い次回、春に廻すことにしました。

それと古い書籍やポスターも残念ながら次回廻しにしますので画像で楽しんでいて下さいね。

キャリーバッグを引っ張って会場に着くと、ありゃ一人だけしか来ていない。

話を伺うと、こんな空模様なので駐車場で待機しているらしい。車のリヤゲート開けてしようか?とういう話しもチラホラ聞こえてきましたがそのうちぱらぱらと集まりだしました。

早速シートを広げパーツを並べ始めると同時に覗きに来て頂きました。

ヴィンテージなパーツは有りませんがちょいとレアなものを格安で売らせて貰いました。

なかには前に並べている物よりキャリーバッグのなかにまだエエものが入っていると思いそこを探し出す怪しいおっさん、失礼お客様もおられます。

ベル1300円、輪行袋500円、にしたためか殆ど買って頂きました。

目玉のシェラックニスも沢山の方に買って貰いこれで綺麗な自転車が増えることを期待しています。

物を売り買いするだけでなく自転車を趣味とする物同士がコミュニケーションする場所として本当に楽しいですね。

隣で手伝って貰った娘に今日はどうやったと聞くと「何の話をしていたかさっぱりわからん。自転車を入れる袋が有るのがわかったぐらいや」と言うておりました。

そりゃそうでしょう。今の自転車でも判りづらいのに古いパーツの話しになると何語を話しているのかわからへん状態ですね。

今朝までシクロジャンブルをシンクロジャングルやと言うてました。(笑)

ランプの会のメンバーも勢揃いでまたまた楽しい会話をしました。

今回は売る方に回ったので会場の画像が御座いません。tshuichiさんから1枚頂き貼りつけました。

今度の春は晴れると良いね。

Photo_5

自転車のナンバープレート、これってなかなか面白いでしょう。

まだ20個ほどストック持ってますので春にまた出します。

Pos1_2 Pos4_1

Pos5_2 Pos9_1

今回持って行けなかった1920年代のレースの写真をポスターにしたもの

この時代の資料って本当に少ないですね。

278267576_188

tshuichiさんから頂いた写真です。

写っているLAKENのボトルも全部買って頂きました。

春に向けておもしろいパーツを探しときますのでお楽しみにね。

それと今度はラビット持って行くので是非試乗して下さい。

2006年9月18日 (月)

自転車の部屋

皆さんはお気に入りの自転車やパーツをどのように整理、保管されていますか?

私は一部屋(実はパーツや書籍は別の部屋なのですが)を専用にしております。

と言ってもこの部屋に所有する全ての台数を入れることが出来ないので3台は実家へ、もう3台は自転車店で預かって貰っています。

ミノウラのスタンドを2台背中合わせに置いて、この畳約一畳分のスペースで6台が保管可能です。

あと、一本ポールのスタンドに1台、直接床に小径車が2台。

この小径車がくせものでして折りたたんだ状態でも通路を塞いで、何か良い方法が無いか思案中です。

よく使う車種を手前の方に置いて、ツーリング前夜に用意と行きたいところなのですが、最近は横着者で明日の朝でも良いか?とズボラになってきて乗って行く自転車のサイズと違う替チューブを入れてしまったりします。街中のポタリングならまだしも、山奥のツーリングなら大変ですね。

そこで最近、ホームセンターでこんな物を買って整理し始めています。

靴下や下着を整理する物でしょうが、私はここにチューブの整理用と、輪講袋類用に分けて入れてみました。

あっちこっちに有ったチューブをひとまとめにしたらほぼケースが一杯になってしまいました。

輪講袋もまとめると判りやすく、携帯工具もバッグに入れっぱなしにせず、サイクリングから帰ったらここに戻すようにします。

これで、素早く出かけられそうですね。

早く台風が去ってくれないかなあ。

R0010164

片づくより、荷物の増える方が多いのでいつもこの状態です。

とても6台がぶら下がってるようには見えないでしょう?

R0010157 R0010151

替チューブと輪行袋を整理しました。

これで出発時の準備は万全?

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30