無料ブログはココログ

2006年10月23日 (月)

日米富士 YOUTH号メンテナンス

「ランプの会」までには少しはきれいにして皆様に見て頂こうとYOUTH号の錆取りを行いました。

タイヤも問屋から入ってきて、「kidaさん、土曜日にこれに乗っていくんでしょ。今から交換しようと思っていたんですよ。」

と言われ一緒に作業に取りかかりました。外したタイヤは要らないでしょと言われたのですがサイドを見ると「井上護謨株式会社 製造」と漢字で書かれていました。いや待てよ、何処ぞのマニヤが欲しいというかもわからん。高い値で売れるかもわからん。それはあんたのことや。と言う風な話しをしながらタイヤ交換となりました。

錆の方はコンパウンドだけではなかなか落ちてくれないですね。

本日も引き続き作業を行い、土曜日には間に合わせたいな。

閉店間際にお客様が優勝したよとお店に報告に来られました。

鈴鹿でやってたレースかなと最初は思ったのですが、車から降ろされた自転車を見てびっくり!!

ポリージャポンでの優勝だったのです。

京都のアイズバイシクルなどが手がけるレストアされた自転車が多く出品される自転車のエレガントさを競う催しです。

私もチネリを持っていますがこのチネリは1950年代の軽快車だそうです。

昔の軽快車といえばフランス製部品で固められていますがこの自転車のパーツはすべてイタリア製です。

いやあこんな凄いもの、始めてみました。

ご本人が殆ど作業をされたとのことですがそれを手伝ったトモダサイクルの引き出しの多さに改めて見直した一日でした。

次月のニューサイクリングに多分詳しく掲載されると思います。

私も頑張ってYOUTH号、きれいにしよっと。

R0010607

チネリの鉄仮面マークがいろんな所に入っていました。

色の配色が素晴らしいです。

白いタイヤが軽快感を出しています。

R0010606

白タイヤでは勿体なくて走れないです。

R0010602

ガードのステーもきれいに処理されています。

R0010601

チェーンガードの処理も素晴らしいの一言です。

2006年4月 2日 (日)

チネリ スーパーコルサ

Sany0030

Sany0034

20数年前に購入した鉄仮面マークのチネリで御座います。

当時はランドナーに乗っていて、ロードレーサーはまだまだ早いと思っていました。荷物の積めない車種は必要ないと考えていました。しかし、いつも出入りしているトモダサイクルに行くと社長が丁寧にチネリを磨いていました。「かっこええなあ」と言うと「そやろ、ええ出物やで」という答えが答えが返ってきたのを今でもおぼえています。(今でも元気に自転車を磨き上げる姿勢には頭が下がります)

 あまりの美しさに、その場で即、購入決定。チューブラータイヤ(クレメンクリテリュウム)がこんなにしなやかでグリップがよいものかと、感動したのを覚えています。これでびわ湖一周サイクルマラソンも走ったし、PELOTONでオーダーするまでは良く走ったものです。

今はオーバーホール中で、トモダサイクルの展示用になっております。・・・早く引き取りに行くからね。

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30