無料ブログはココログ

2008年5月29日 (木)

歴史探訪サイクリング(本能寺の変)

6月の北大阪CCの行事は「緑陰の北山へ」という題目で私の担当になっています。

初めての担当と言うことで何処にしようか迷ったのですが何時も行き慣れている保津峡のハイキング道路にさせて頂きました。

出発も自宅から一番近いJR摂津富田駅とし、枚方亀岡線で亀岡に入りハイキング道路を通って嵯峨野へでて京都駅まで戻って来るというコースを考えました。

このコース、年に5回以上は走っているのですが通る場所を見てみると「本能寺の変」に関連した所を沢山通過して行くのです。

おまけに本番の6月15日は本能寺の変が起こり、秀吉が中国大返しで瞬く間に岡山から戻り山崎の合戦で明智光秀を倒した時期そのものなのです。

時は天正10年(1582年)明智光秀は織田信長より羽柴秀吉の応援に備中高山城に行けと命じられます。

光秀は5月17日に坂本城を出発し、26日に亀山城に移り27日に愛宕山に参詣し有名な歌、「ときは今 天が下知る 五月哉」を歌っています。

6月1日の夜半、亀山城を出発した光秀は老ノ坂を東へ向かい沓掛を過ぎたころ「敵は備中に非ず、本能寺にあり」と重臣達に伝え桂川を渡り京都に入って行きました。

2日の早暁、明智軍1万3千は本能寺を襲撃、信長は騒々しい物音に目を覚ました。馬の嘶きと鉄砲の音が聞こえ、「謀反にござりまする。旗印は水色桔梗、明智が者と見えまする。」という報告に、「是非に及ばず」と答えたといいます。

人生50年、後一年と言うときに掴みかけた天下が消えて行く瞬間だったのでしょうか?

信長の天下布武は完成を見ないまま、業火の中で自ら命を絶ったのでした。

備中高松城を攻めていた秀吉は3日の夜間に信長の死を知ると、毛利氏との講和をまとめ驚異のスピードで京へ向かった。

12日に富田に到着した秀吉はここで軍議を開き決戦の場は大山崎であろうと想定、高槻の高山重友(右近)、茨木の中川清秀らと総勢4万の大軍で有ったと言います。

光秀軍は近江方面に兵を配置したこともあって山崎に集結したのはわずか1万6千であったそうです。

14日の午後4時頃、当初は一進一退の攻防戦であったが圧倒的多数の秀吉軍に加え、弔い合戦とあって秀吉軍の士気は高く、光秀軍は敗走してしまいました。勝竜寺城に立てこもった光秀でしたが逃亡する者も多くその夜、密かに脱出、伏見大亀谷から小栗栖、山科、大津を経て坂本城へ戻る計画でしたが小栗栖で土民に槍で脇腹を刺され命を落としたとされています。

こうして本能寺で信長を倒して以来、わずか十数日で光秀の「三日天下」は幕を閉じたのでした。

当日、摂津富田を出発するのですが、秀吉が軍議を開いたのがどの場所だったのかは資料を探しているのですが富田とだけ記録されている文献が多く不明です。駅の南側に多くの寺があり寺内町として栄えた歴史があるのでそちらの方だったのでしょうか?

サイクリングは北へハンドルを向け摂津峡の山を越え亀岡に入って行きます。

この地域、元は丹波亀山という地名で三重県に亀山があるので明治維新に現在の亀岡に名前が変わったと言うことだそうです。現在の亀山城跡は大本教という宗教団体が管理していて中にはいることは出来ませんが5月に「光秀まつり」というのが催され今でも多くの人に愛されているのが伝わってきます。

亀山城、JR嵯峨野線を越えると保津峡の船乗り場に出てきます。4月の桜の季節や紅葉の時期には沢山の観光客で船に乗るのも長蛇の列が出来ることもよく見かけます。この列を横目に見ながらサイクリング部隊は川下りの船と併走しながらまずは沈下橋を渡ります。

運が良ければこの橋の下、数10センチ下を船が下って行くのが体験できますよ。

その後も数kmは保津川と並行しながら走り、少し分かれてハイキング道路は高度を上げて行きます。

眼下には保津川、JR嵯峨野線、そして嵯峨野トロッコ列車と見て取れます。

2本の列車と川下りの船、3つ同時に見ることができたら気分は最高です。

保津峡駅へ出るまでに少し広いところがあるのでここで昼食を取る時間を予定しています。

トロッコ保津峡駅では吊り橋の上から景色を楽しみましょう。

この後ヘアピンの連続で高度を再び上げ六丁峠を越え嵯峨野へと下って行きます。

普通、山道から下ってくると田園地帯が少しあって家屋が増えてくるというのが当たり前なのでしょうがここは山道を下った途端、土産物の並んだ街並みに突入して初めての方はビックリされると思いますよ。

広沢の池から来た方向を見れば光秀が歌を詠んだ愛宕山が見て取れます。

一条山越を越え宇多野を過ぎれば京都市街に入って行きます。

左に仁和寺、右に妙心寺と有名な寺を見ながら一条通りを東へ東へ。

新町通りか室町通りを使って南へ下り、元本能寺町にある本能寺跡の石碑を見て貰う様、計画しています。

ここから京都駅までは歩いても20分ほどですので、時間が許せば京の町屋を見学するも良し、錦市場で買い物するも良し、皆さん楽しみにして下さいね。

出来れば簡単な歴史資料を作成して配りたいと考えています。

梅雨の季節に入ってきましたが当日は晴れますように願って下さいませ。

これに楽しんで頂けたら「姉川の戦い」、「賤ヶ岳の戦い」サイクリングも計画しようかな?

R0010532 R0010409

高槻の北部、原にある八坂神社です。ここから東へ入る林道がありMTBがよく走っています。ここで休憩を予定しています。

R0010415_2 R0010414

嵐山まで下った船はこんな風にして運んで帰ってくるんですよ。

R0010536 R0010538

丹波亀山城跡です。

R0010417 R0010542

沈下橋を渡り川沿いに進みます。

R0010551 R0010552

川の対面をトロッコ列車が走ります。

R0010435 R0010433

トロッコ保津峡駅は吊り橋の向こう側、橋の下を船が下って行きます。

左の写真の正面の山に見える白い線はガードレール、ここまで登って行かなければなりません。でもここからの眺めも素晴らしいです。

R0010556 R0010560

嵯峨野を越え京都市街に入ったら最後は本能寺跡を見て貰います。

426年前にここを水色桔梗の旗で覆い尽くされたのでしょうか。

10人、20人のサイクリングでも統率するのは大変なのに、この戦国時代何万もの兵を動かし戦をするのは想像するだけでも大変だと実感します。

拡声器や携帯電話もない時代、どんな戦い方をしたのでしょうか?

最近この手の書籍にはまっている今日この頃であります。

2007年10月29日 (月)

自転車展 行ってきました。

京都府の南丹市日吉町郷土資料館で開催されている自転車展へ行ってきました。

絶好の秋晴れの中、自宅から山を越え野を越え、本当に気持ちよく走れました。紅葉も少し始まりだし、後1~2週間もすれば綺麗に色づくのでしょうか?

画像はありませんが高槻の樫田を越えて亀岡に入り保津川下りの船を横目に見ながらハイキング道路を進みます。

保津峡駅の分岐から北へ柚子で有名な水尾の里を通ってアップダウンを繰り返しながら進むと日吉ダムに出てきます。

このコースは今に時期が一番のようですね。来月、もう一回は知りたい気分です。

この日吉ダムは治水だけでなく色々なレクレーション施設が併設されていてなかなか楽しめる所なんですよ。

それは、ネットで調べて貰うことにして今回のメイン、自転車展の画像を見て楽しんで下さい。

R0013007 R0012939

当日は、日曜日でダムの方はたくさんの人出でしたがこちらはのんびりしているというかあまりPRされていないのでひっそりとしていました。展示も手作りという感じでほのぼのとしています。

R0012945 R0012948

これ、なんと木製フレームで出来ています。後キャリアも木製です。

20年ほど前まで現役で走っていたとか書いてありました。

地元の大工さんが作ったというそうです。

R0012986 R0012984

こちらは昭和40年代頃の製造の大島自転車です。

リヤカーを牽引していました。

R0012987 R0012990

重たい荷重にも耐えられるようスプリング入りの補助フォーク、ヘッドパイプにはリブでこれまた補強されています。

R0012957 R0012965

これが、今回の一番の見るべき自転車です。

明治末期に輸入されたトライアンフ、いろんな所に特殊工作がされています。

よく見ると新しいパーツと言っても昭和の30年前後の物ですが、色々混じっています。

出店に関して専門家がいてなかったのでそのまま展示されていると言うことです。

このころはカーバイトランプだったのでダイナモライト、バックミラー、ブザーぐらいは外して欲しかったなあ。

R0012960 R0012971

オポジットのブレーキはワイヤーがハンドルに内蔵されていて前はロッドで、後ろがワイヤーでダウンチューブを通ってハンガーの後ろでブレーキが掛かり仕組みになっています。

右が前ブレーキ、左が後ろのようです。

R0012973 R0012966

セルロイドのチェーンケースにスターメの3段変則です。

R0012975 R0012979

ホントに明治末期に作られたということに驚きの連続です。

R0012969

最後にサイクリングの写真としてこんな物も飾られていました。

大正末期の写真だそうです。

楽しそうに走った後の食事でしょうか?それにしても並んでいるビールビンの数がハンパじゃないですね。

飲酒運転は止めましょうね。

11月の25日まで開催されているので興味のある方はサイクリングがてらに是非見学に行って下さいね。

2006年7月16日 (日)

トロンシェにフロントバッグ

今日は久々に、保津川のハイキング道路を走りました。

本日の目的はトロンシェに合うフロントバッグに合うソローニュのバッグを探しにIs,bicycleに行ったのでした。

ラクチンに行こうと思うと京都駅まで輪行すれば良いのですが本日は祇園祭宵山、洛中に寄りつかず行こうと思うといつものコースが良いかいなと?考えた訳でした。

桂川のサイクリングロードを走って行けば平坦で時間もかからないのですが、同じ道を往復使うのは勿体ないし、この時期の保津川も見たかったのもあり高槻から亀岡を越えていつもの道を行きました。

保津川下りの船乗り場はいつものごとく満員で順番待ちの状態です。

しかし、連日の雨で川は茶色っぽく濁っていて濁流になっています。

今日も自転車乗りとは一人も会わず出会うのは、ゴムゴートを積んだ軽トラックだけでした。

おうい、もっと自転車乗って走ろうよ。

いつもなら六丁峠をギヤを1、2枚残して乗って越えるのですが、気温も湿度も高い為か降りて少し押してしまいました。ちょっと情けないかいな?

嵯峨野はいつものごとく観光客でいっぱいで、この後、祇園祭に行くのでしょうね。

二尊院からは広沢の池を越えてあっという間にIsbicycleに到着。

たくさんのお客様が居られましたが勝手にフロントバッグを持ち出しサイズをチェック、皆さんは引き出しの中のパーツをあれやこれやと言いつつ探し出しておりました。

夕立の来そうな空模様で長居をせず早々と自転車をサイクリングロードに向けて走り出しましたが、途中土砂降りに遭い何度か橋の下で小休止。まあ日没までには帰宅できました。

さてさて帰ってからはバッグにオイルを入れて何時でも使えるように仕上げます。これからあとは、写真を見ながら読んで頂戴ね。

Dscn2046_1 Dscn2052_1

左が高槻市 原の八幡神社、いつもここで小休止。

右はすぐそ場の岡山林道への入り口、休日ともなるとMTBが走ります。

Dscn2056_2 Dscn2057_1

左が亀岡市内、右が保津川下りの船乗り場、右にはまだたくさんの観光客が待っています。

Dscn2068_2 Dscn2073_1

連日の雨で保津川は茶色く濁っています。

どちらの画像にも映っているのは嵯峨野線です。

Dscn2077_1 Dscn2081_1

こういう山道を走っていたかと思うと突然、

Dscn2084_1 Dscn2086_1

一転して風景がこのように変わります。初めては知ったときはびっくりです。

Dscn2087

嵯峨野の二尊院です。桜の季節は超満員です。

Dscn2091_1 Dscn2094

さてさて、本日の購入品、ソローニュのフロントバッグとショルダーバッグです。

ただいま、七夕セールで一割引です。

Dscn2101_1

そのままではサイクリングバッグとしては雨には弱いので少し加工します。

まずは左のBarbourのオイルを綿に染みこませ撥水加工を施します。こちらはフライフィッシングの専門店で取り扱っています。右はおなじみのミンクオイル、革製品に使います。

これで少しぐらいの雨なら大丈夫です。

皆さんはサイクリングバッグ、どのように手入れされていますか?

2006年5月29日 (月)

日本列島横断センチュリー・ラン

大阪港から宮津までの160km、を走りました。早朝までは雨が少し残っていましたが、何とか回復し曇り空での開始です。結果的にはこの方が大変ヨカッタです。

早朝の大阪港、天保山公園に続々と集まりだします。カーボンフレームにビンディングペダルが半数以上でいつものサイクリングとはちょいと違うのでありました。「あれっ、Mさん先週はエンペラーやったのに今日はコルナゴ・カーボンで決めている!」

皆さん、相当に気合いが入っております。私は雨を心配してガード付きのいつものランブレット、ボトルを1Lサイズに、トンネルが多いのでリフレクターを自照式に交換しました。

前置きが長くなってしまいました。いよいよスタートです。約30名が一斉にスタート、「今回はこれで行こうか」という会長のお誘いで何名かですぐ横の渡船乗り場からUSJのある桜島までワープしました。

淀川の堤防沿いに少し走り、玉江橋を過ぎたところから先行したカーボン集団が後方から追い抜いてゆきました。渡船を使うとだいぶハヤカッタ。

能勢を過ぎる頃から登りがだんだんきつくなってきます。写真を撮る余裕もなく前について行くだけで精一杯、距離はと確認したらまだ50kmも走ってない。ふうふう言いながら幾つかトンネルを越えはらがたわ峠に、ここが本日の最高地点、補給食を頂き小休止。ここから豪快なダウンヒルを楽しみ山間の新緑を楽しみながら福知山へ。この福知山の手前が一番きつかった。オーバーペースがたたっかのか、太股の内側が攣ってきました。ギヤ比を下げてだましだまし何とか福知山駅前に。「今日はここまでか?」と考えましたが時間はまだ余裕が有ったし、途中でリタイヤとブログに書くのも恥ずかしい。

福知山から同行させて頂いた方々とは絶好のペースで足の痛みもどこかに消え、当たりのついたエンジンのようにペダルがくるくる回ります。由良川の左岸は車も少なく快調に飛ばします。潮の香りがし始めたたとき、待ちに待った日本海が姿を現します。

丹後由良駅から海岸線を宮津まで後ひと頑張りです。最後のアップダウンを何とかこなしようやく宮津駅に到着。

本来ならばここで終了なのでしょうが北大阪CCといたしましては天橋立駅までもうひとっ走り。まずは自転車をばらして輪行状態に。駅前の温泉で一風呂浴びて筋肉をほぐします。「いやあ極楽極楽」宮津駅まで戻って料理店で日本海の幸を頂きます。いやあ安いのなんの、たらふく食べてビルも頂いて2千円とちょっとでした。又、来年も行きまっせ! お疲れ様でした。

Img642 Img639_1

今回の案内と前半のコース図です。

Dsc00921 Dsc00925

Mさんご自慢のコルナゴ・カーボン  いよいよ出発です。

Dsc00926_1 Dsc00927

大阪市営の渡船です。無料です。

Dsc00931

淀川の堤防をのんびりと。ここから写真を撮る余裕がナクナッタ。

Dsc00936 Dsc00935

天橋立駅前の温泉です。玄関先には足湯もあります。JRの切符を買うと割引券ももらえます。

Dsc00942

最後は宮津駅前の料理店で海の幸三昧、せっかくここまで来ているだから色々楽しまなくちゃね。

2006年5月25日 (木)

天使突抜一丁目 ―― 着物と自転車と

以前から気になっていた本をようやく買った。通崎睦美さんの京都での生活をまとめたエッセイだ。

副題にあるように着物を着て京都の町を気持ちよく走る写真が何点か掲載されている。そのどれもが、黒塗りの実用車とマッチし、自転車が着物を引き立てているのか、はたまた着物が自転車を引き立てているのか絶妙のバランスである。

京都を題材にしたメジャーな雑誌のほとんどは首都圏主導で作られていて京都で住んだり、仕事をしている者から見ると、上っ面しか見ていないようであまり見る気はしないが、この本は著者の生活の楽しさがにじみ出ている。出版元の淡交社も京都関係の書籍を数多く出版されていてしっかりサポートされている。

京都在住の人なら読んでる途中に出てくるお寺やお店が頭の中の地図にすぐ出てきてとても面白いと思う。

かく言う私も京都に転勤してはや3年、初めは通り名が判らず地図を片手にうろうろしたものですが、最近は今日はどの通りを使って自転車で行こかいな。という具合。

南北と東西の通り名で中京区や上京区なら「二条油小路」、「衣棚夷川」、「東洞院錦」、「中立売室町」舌をかみそうな通り名も慣れてくると「にあぶら」、「ころえび」、「とうきん」、「なかむろ」と略して言うようになってしまいました。※これで仕事が判るかな?

そこで表題の「天使突抜一丁目」。実はこの町名下京区に本当にあるのです。堀川五條の少し西側に五條通りの北に1~2丁目、南に3~4丁目とあります。むかし、五條天神社が今より大きく当初は「天使の宮」と呼ばれていたそうだ。16世紀後半、豊臣秀吉の京都改造で町を開くため神社の広大な鎮守の森の中に道が造られた。五條天神の境内を突き抜けて出来た道、それが「天使突抜通り」となって今も地名として残っていると言うことだそうです。皆さん、祇園祭に行くときはちょっと寄り道して見に行きましょう。地元の人は、珍しくも無いでしょうけれど。

通崎睦美(つうざきむつみ)――マリンバ奏者

1967年生まれ。1992年京都市立芸術大学大学院音楽研究科終了

1991年のデビューコンサート以降、自身のコンサートをプロデュースし、毎回新しい試みに取り組んできた。また近年、アンティーク着物のコレクションでも注目されており、着物のコーディネイトや関連アイテムのプロデュースなども手がけている。

Book015 

2006年5月 3日 (水)

保津峡ハイキング道路

枚方・亀岡線を北上、高槻市の田能を越え堅田トンネルをくぐり亀岡市へ。9号線をまたぎ保津川下りの船着き場へと走る。

保津川沿いに堤防に沿って行くと欄干の無い小さな橋に出会います。ここでまず舟が足下を通り過ぎるのを待ちます。乗船している人に手が届くぐらいの近さです。向こうもこんなところで自転車に乗っている人を見てか喜んで手を振ってくれます。ここから保津川下りとトロッコ列車が見え隠れしながらハイキング道路を嵯峨野に向けてペダルを廻します。途中2kmほどのダートがありランドナーなら乗車、ロードレーサーならのんびりと押してゆきます。この区間ずっと保津川沿いで川岸に降りれるところも有り、桜の木があったりと、舟からの眺めも最高だと思います。でも、船賃高いでっせ!

次のビューポイントはJR嵯峨野線とトロッコ列車の交差するポイント、その上をハイキング道路が通っています。ここに自転車を置いてバックにトロッコ列車が通過するのを待って写真を撮りましょう。

ここからは保津川は蛇のように蛇行してゆきます。ハイキング道路はどんどん標高を稼ぎ、保津川が遙か下の方に見えるようになります。ときどき鶯の鳴き声が聞こえ、ほっとした気分になります。ピークを下ったところで二またに分かれ右が保津峡駅、左はゆずの里水尾です。11月頃には山一面ゆずの香りがします。

ゆず風呂と水炊きの鍋を楽しむ時はこちらです。

今回は右へJR保津峡駅から嵯峨野観光鉄道のトロッコ保津峡駅へ。ここは橋を渡って向かい側が駅です。この橋の上から舟が下ってくるのを待ちましょう。ここでも船上から手を振ってもらえます。

ここから六丁峠までつづら折れのヘアピンカーブを登っていきます。途中、蛇行した保津川が一望できる所もあります。あとは坂を下れば今までの景色とは別世界の左右に土産物屋の並ぶ嵯峨野に突入です。

輪行で亀岡駅出発ならば、2時間ほどで嵯峨野まで行けますのでそのあとは、京都市内をぶらつくのも良し、走り足りなければ広沢の池を通り鞍馬、大原を見るのも良し、又、嵐山から自転車道を南へ走れば八幡、木津方面まで車を気にせず走れます。

Dscn1900 Dscn1902

保津川下りの船乗り場はいつも満員、その少し下ったところに欄干のない橋があります。

Dscn1906  Dscn1910

橋を渡って少しすぎるとダートが約2km、途中船やトロッコ列車が見え隠れ。

Dscn1922

だんだん高度を稼いで、下にJR嵯峨野線、観光トロッコ列車そしてその下に船が見えます。

この三つを写真に納めるのは無理です。

Dscn1932_1 Dscn1935

トロッコ列車、保津峡駅から船が再び真下を通過します。道路は標高を稼いで六丁峠に、先ほどの駅や鯉のぼりが遙か下に見えます。

Dscn1940 Dscn1942

六丁峠をこえて少し下るとそこはもう嵯峨野、一気に風景が変わります。

距離もたいしたこともないので京都市内のポタリングと組み合わせてお楽しみ下さい。

288d7960

京都市内にはこういう広告の付いたバスが走っております。

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30