無料ブログはココログ

2009年2月21日 (土)

トレック 7400、娘の通学自転車に変身

ずっと自転車格納庫に収まっていたトレック7400を変身させました。

きっかけは娘が通学に使うのに坂道が有って電動自転車が欲しいと言い出したこと。

それならばインター7の内装変速機の入ったクロスバイクなら少々の坂道でも楽に登り切れるはず。

フラットハンドルをお買い物用に換え泥よけ、チェーンガード、ハブダイナモ、テールランプをつけ、変身と相成りました。

持ち上げると少し重たいですが(約14kg)走り始めるとそこは700C、ぐいぐいと進んでゆきます。

アルミのフレームに内装変速機、ブレーキや変速のワイヤーは全てアウターで覆っているので雨の日の後もメンテナンスを気にすることも有りません。

ステンレスのガードに大きな前篭、篭の下には4連式のLEDのライトが備わっています。これって自動で点灯するので安全ですね。テールランプもソーラーの自照式を付けました。

NOCCの春の行事、野外料理もこれの出番になりそうな。

R0011567

お買い物用の自転車の様でも遠出も出来そうです。

R0011557 R0011563

チェーンガードにテールランプ、安全にも気をつけます。

R0011558 R0011559

ハブダイナモにオートランプ、とても明るいです。

輪行は出来ませんが何処でも停められて買い物の行動半径が増えそうです。

2007年11月23日 (金)

サイクリング大流行

6a00d41420c1f0685e00d414273e853c7_2

http://j-footage.vox.com/library/video/6a00d41420c1f0685e00d414273e853c7f.html

朝日ニュース昭和映像ブログ」でこんな物(画像)を見つけました。

昭和32年と言えば北大阪CCが出来た年でもあり私の生まれた年でもあります。

大阪ではなく東京近郊の映像ですが当時のサイクリングブームは凄かったみたいですね。

自転車がまだまだ高価だったので貸し自転車でサイクリングを楽しんでいたようですね。

これは画像の中でのコメントです。

行楽の春は自転車でと、このところサイクリングは大流行。どちらをみても懸命にペダルを踏んでいます。
一家そろった円満型。「男は楽じゃありません」というアベック。一汗かく上り坂の難所ありで目的地近くなると出発のときの元気はどこえやらというのが増えて来ます。
こうして東京近郊ではザッと二〇万台からの銀輪部隊が所せましと賑わっております。

2007年10月17日 (水)

自転車展 開催される

 京都府の南丹市日吉町で自転車展が開催されるという情報が入ってきました。

関連雑誌やネットでも聞いたことが無かったので初耳でした。

最新のロードバイクではなく働く自転車、実用車です。

開催が日吉町の郷土資料館ということで全国から集めたというのでなく地元の古い自転車店に現存する物を集めたようですが興味のあるものが沢山ありそうです。

この地方はこれから紅葉の地でもありサイクリングとあわせて見学するのにもってこいだと思います。

ただ、嵯峨野線は紅葉シーズンは通勤列車並みに混雑するので輪行は要注意ですよ。

Img821

Img822

2007年4月24日 (火)

自転車の模型

先日オークションでこんな物を手に入れました。

自転車の歴史がわかってなかなか面白いと思います。

オーディナリーからセーフティへ移行する1910年前後の自転車の形です。

セーフティになってくると前後の車輪が同経になり、前輪駆動からチェーンによる後輪駆動になってきます。

ブレーキはまだ前輪を押さえつける方法のようです。

しかしこの模型良くできているんです。クランクやチェーン、ペダルもちゃんと動くんですよ。

レンズまでは着いていませんが蝋燭ランプもちゃんと備えております。

時代は変わって1940年代、旧ドイツ軍の軍用自転車であります。

こちらも精密に出来ていて各部分が動きます。人形も着いてお買い得でした。

今でもスイスの軍用自転車が時々オークションに出てきますね。

現物が増やせないジレンマか模型に触手が動き始めた今日この頃であります。

R0012113

こちらはアクセサリーにもよく使われるオーディナリー型ですね。

R0012109 R0012104

その後の三輪車、サドルにもスプリングが入っとります。

R0012097 R0012103

蝋燭ランプがなかなか良いでしょう。

この模型、日本製では無いと思いますが何処で作られたのでしょうか。

R0012114_1 R0012117

本当にこんな自転車に乗って移動していたのでしょうか?

坂道がしんどそうですよね。

2007年3月 5日 (月)

OCA 観梅サイクリング

OCA(大阪サイクリング協会)の行事、観梅サイクリングに参加してきました。

この日は気温が20度にも上がり暖かいと言うより暑いと言った方が合うような天気でした。

出発はJR森ノ宮だったのですが実家に預けてある関根の実用車での参加を考えていたので大和川の堤防から合流と相成りました。

この頃の暖かさのためか実家のモクレンも満開状態です。

まずは満開の花と自転車を記念撮影をして出発となります。

いつもの小休止場所、近鉄南大阪線踏切付近で待っていると続々と走ってきます。

この観梅サイクリングもOCAの定番行事とし何十年も続いているようです。昨年までは平岡梅林だったのですが火は使うな。木に自転車を立てかけるなと小言が多くその内自転車の持ち込みも出来なくなるような雰囲気でして今年は道明寺になったようです。

今回は夕凪CCの担当と言うことで先導して貰い柏原市役所、そして石川自転車道を通って道明寺天満宮とペダルを廻します。

この日のコースは大和川堤防に入ってからは半分ほどが自転車専用道路として整備されているのでとても走りやすいです。

坂道もなくわいわいとお喋りをしながらいつの間にか道明寺に着いてしまいました。散り始めの梅を観賞しながら境内をのんびりと散歩します。

ここで昼食が取れれば良いのですが参拝者も多く河川敷に出来た新しい公園で食事と相成りました。

公園には広い駐車増もあり家族連れがバーベキューなどを楽しんでいました。

小高い斜面にめいめい陣取り楽しい昼食となります。

いやあ、ベテランサイクリストが多いためかリュックやフロントバッグから出てくるのはガスバーナーやなべ類が。

Sさんは去年出来なかっためざしを喜んで焼いています。

あっちではラーメン、こちらではお汁粉といろんな物が振る舞われています。

かく言う私もコンロとコーヒーを忍ばせていました。

自転車ですから大きい物は運べませんが皆でワイワイと楽しく良い雰囲気で時間が流れて行きます。

暖冬で梅は散り始めでもう一つでしたが楽しいサイクリングに満足の一日でした。

夕凪CCの皆様、ご苦労様でした。次回は関西友好サイクリングクラブラリーでお世話になります。

R0011682 R0011685

満開のモクレンです。隣の椿も蕾がふくらみかけてきたような。

R0011689  R0011692

近鉄線、踏切近くで待っていると続々と到着してきます。

R0011695 R0011696

記念写真を撮って再出発です。この付近は自転車専用道路なので併走しながら楽しく走れます。

R0011700 R0011702

道明寺天満宮に到着、まずは交通安全を願ってお参りをします。

まだまださん、ここの狛犬変わってますね。

R0011706 R0011707

散り始めでしたが満開の木もありました。

でも今日の雨で散ってしまったかな。

R0011718 R0011721

その後は昼食場所の公園を目指して走ります。

ハンドルには弁当がぶら下がっています。

R0011727_1

暖かい春の日差しのもと、ゆったりと時間が過ぎて行きます。

R0011729 R0011731

さすがOCAの集まりですね。田川スペシャルが沢山集まっていました。

こちらは20インチのデ・モンタブルです。特殊工作がてんこ盛りです。

来年も楽しく観梅サイクリングをしましょう。

OCAは全国でも一番行事が多いサイクリング協会です。

固苦しいことなんかは全然無いので参加してみて下さいね。

詳しくはOCAのHPを見てください。

2007年2月 3日 (土)

東京下町ポタリング

ひょんなことから、東京へ行って来ました。

ランプの会の関東の友人から下町ポタリングの企画があるのだけれど?と言われ勤務の指定を見ると、休みになっていました。「自転車用意するから手ぶらでお出でよ。」その言葉に誘われ始発の新幹線に乗ってお出かけとなりました。

しかし、速いですね。6時15分に京都を出て8時半には東京駅に着いてしまいました。

2月というのにぽかぽか天気でコートを持っていったのですがずっとバッグのなかに入れたままでした。

上野駅を出発し、湯島天神、東京大学の中を通り抜け日暮里へと緩い坂を上ったリ下ったりとペダルを廻して行きます。

東大では赤門、安田講堂を見学し、食堂でお昼ご飯を頂きました。

ここの食堂は土日も営業しているんですね。メニューも沢山あって、何か観光名所の様でした。

日暮里駅周辺では自転車を置いて歩いて散歩でした。

そして最後には自転車文化センターで資料を沢山見せて頂きました。

翌日は友人宅で自転車談議に花を咲かせます。

いやあ、本当に楽しい休暇でした。

また東京の仲間と走りたいなあ。

R0011265_3  R0011266_1

上野では関東の仲間がお待ちかねでした。

R0011269_1 R0011270_1

まずは湯島天満宮でお参りです。

暖かさのせいか、梅の花が咲き始めていました。

R0011273_1 R0011278_1

赤門を通って安田講堂へ。東京は煉瓦造りが似合いますね。

R0011281_1 R0011282_1

大学構内には素敵な食堂が在るんですよ。

メニューも沢山あります。

R0011288_1 R0011290_1

日暮里駅では自転車を置いて散歩です。

この階段付記はドラマのロケでよく使われるような。

R0011301_1

自転車文化センターへ行くのに上野公園を通り抜けて。

あちこちで大道芸が行われていました。

いやあ。本当に楽しかったです。

またまた行くからねー。

この後はライカ・ラレーの画像をどうぞ。

R0011264

R0011262

ダイナモ・ライトは別物なのですがよく似合っているでしょう。

今度は走っているところを紹介しますね。

2007年1月30日 (火)

関根 ライカ・ラレー完成

ライカ・ラレーが完成しました。

パーツを一つ一つ見ても綺麗な造りだなあと思っていたのですがかんせいしてみるとそこにトータルとしての素晴らしさが加わった様な感じです。

日米富士と同年代かもう少し後ぐらいでしょうか、それでもこの時代の造りはしっかりしていますしあらゆる所にSCの刻印が入っています。

けど。。。保管場所がない。。。

これも実家の倉庫に預かってもらい来客用の自転車にしましょうか?

長居公園や石川のサイクリングロードにピクニックに行くのに良さそうです。

春になったら小型ストーブをもってお茶を飲みに出かけたいですね。

それでは完成した画像をご覧下さい。

R0011253

なかなか良い色でしょう。ガードとサドルが同色というのがお洒落ですね。

R0011238 R0011240

リヤフェンダーです。リフレクターを止めるネジにもCSのマークが在ります。

光り輝くマークは新興宗教と間違えそうですね(笑)

R0011242 R0011244

Fフェンダーには漢字で名前が入っています。

BB付近はこんな感じに。

R0011245 R0011246

タイヤ、ブレーキにも名前入り

R0011256 R0011257

続きは次回に。。

2007年1月22日 (月)

トモダサイクルのお仕事

本日はいつも行くトモダサイクルでの一コマです。

店の奥で何か機械の音、バーナーの音が聞こえました。

そしたら親父さん(社長)が「こんなんでよいか?」とフレームをもって出てきました。

新品のフレームに溶接後が色々と見られます。

チェーンフックやゴム帯を付けるステーなどついています。

この後、カンティ台座を付けると言うことです。

見たことのあるラグのかたちだと思ったらリーベンデールの冊子に載っていたBRERIOTという650Bの入るフレームでした。

東京のアルプスが閉店するという暗いニュースが流れるなか、トモダサイクルは頑張っています。

親父さんはとうに70は越えていますが、溶接技術やサイクルスポーツに書いているイラスト広告と言いまだまだ現役ばりばりです

この後マーキングを残して溶接後を同色に再塗装するとのこと。

関東の方のお客様と言うことでしたが完成が楽しみですね。

私のライカ・ラレーももうすぐ完成です。カーバイトランプも手に入れました。

暖かくなったらキャンプ道具を積んで花見に出かけたいですね。

Img790_1 Img789

こちらはリーベンデール社の冊子に載っていた物です。

R0011213 R0011216

こちらは持ち込まれた現物です。

ヘッドバッジやマーキングが楽しいですね。

R0011222

小物を何点か溶接し、最後にカンティ台座の位置を確認しています。

その後、マーキングを残して同色に仕上げます。上村塗装で素晴らしい出来上がりに成るのでしょうね。

2007年1月 4日 (木)

今年も自転車三昧で始まりました。

明けましておめでとう御座います。

ブログの更新をながらく滞ってしまいました。

郵便局に勤める身としてはこの時期全く休みがありませんでした。というより来週まではまだまだ忙しいのであります。

一昨日は半月ぶりの休みで、実家で一日遅れの正月でした。

美味しいおせちとお酒を皆で頂き楽しい一時を過ごしたのですが、楽しみはもう一つあったのでした。

実は12月に手に入れた自転車をこちら宛に送ってもらっていたのです。

昭和30年代後半の実用車なのですがとってもお洒落なのです。実用車と言えば黒塗りのダイヤモンド型、そしてスプリング入りの革サドルが定番なのでしょうがこちらは軽快車という部類になるのでしょうか?

商品名は関根、ライカラレーというものです。このほかにもエースラレーやクラウンラレーなるものもあったようです。

ヤフオクの画像で見たときにはテールリフレクターだけで購入判断をした(笑)のですが実際、現物を見たときには想像以上の素晴らしい物でした。

とくにサドルが素晴らしい。画像では単なるビニール張りのサドルだと思っていたのですが現物はブルックスのも劣らない重圧なテリー型サドルでした。

以下は画像を見ながらお楽しみ下さい。

今年の自転車制作の予定はこのライカラレー、プジョー・ユーロツアー、そしてトレック7300を娘の通学用に改造、まあこの3台はやりたいと考えております。

懲りない自転車趣味人のブログを今年も見てやって下さい。

001_2 002_1

オークションにはこんな画像が貼ってありました。

これででは素人は全く判りませんね。

私もこのサドルはそんなに良い物とは判りませんでした。(笑)

R0011123 R0011130

箱を開けてみると紙袋に包まれた立派なサドルが出てきました。

R0011128 R0011126

後方には重厚なバッジが、そしてサドル裏にはテリー型の特徴、放射線状のスプリングが綺麗に並んでいます。

R0011116_1 R0011119

この状態で送られてきたのですが、現在の7分組ではなくスポークもばらばらの状態です。

フレームの包装には昭和36年の新聞が巻かれていました。

R0011122 R0011131

包装紙を外すとそこには素晴らしいヘッドバッジやマーキングが現れました。

R0011137 R0011134

ダウンチューブにもお洒落なマーキングが入っています。

このカラーリングなら春からのポタリングに似合いそうですね。

2006年11月 2日 (木)

ランプの会大阪編、2日目

翌日は嬉しいことに天気予報が外れて快晴でした。

本日の予定は大阪市平野区にある自転車博物館を訪れ、その後通天閣の下をくぐり船場・北浜を経由して大阪駅へというコースです。

昨日走った大阪城公園を抜け幹線道路から外れた裏道を実用車が快走して行きます。

平野川沿いに南へ南へ。途中「あそこが鶴橋やでー。」「今度は焼き肉とキムチにしような」などと本当に遠足気分です。

お店では、子供がおもちゃ屋からなかなか離れられないのと同じ風景が観られます。

関東組の皆さん、欲しいものは御座いましたでしょうか?

ちなみに枝豆サイクリングでアップしたM氏のランドナー、こちらのT氏の制作です。

ちょいと時間が過ぎてしまいましたが今度は25号線沿いに天王寺に向かいます。

天王寺公園の木立の間からタワーの先がちらっと覗いてきました。

動物園の坂を下ればそこはもう新世界、目に見えなくとも串カツや土手焼きの匂い、活気のある呼び声で大阪とすぐに判ります。

タワーに登る時間は無かったけれど皆さん、満足顔で記念撮影をされていました。

押し迫った時間の中、昼食会場へ日本橋、船場、北浜と抜けてペダルを廻します。

会場では「たっくん」を囲んでサンツアー時代の話しやアジア放浪記を楽しく聞かせて頂きました。

あっという間の二日間でしたが、本当に楽しい時間を過ごしました。

こんどは大阪組が東京へ行かんとあかんね。

R0010708 R0010714

前日の疲れも何のその、しっかり朝食をいただき準備OK

R0010717_1 R0010719

昨日は走った大阪城公園を抜け南へ南へ。

R0010727 R0010732

ご一行様、到着で御座います。店主もランプは珍しいのでカメラを出してこられました。

R0010735 R0010739

いよいよ、通天閣に到着です。

関東組の皆さん、大阪の匂いもカメラに収まったでしょうか?

R0010748

たっくんを囲んでの昼食会で盛り上がり、あとは帰路を目指すのみ。

いつまでたっても話しつきない自転車仲間でした。

又の再会を楽しみにしています。

3日の祝日に朽木村サイクリングに出かけます。

安曇川駅を9時頃出発しようと思っています。

時間のあいてる方、紅葉には少し早いですがご一緒にどうですか?

美味しい鯖鮨が待っています。

列車時刻は下記のJRのHPでどうぞ

http://www.jr-odekake.net/

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30