無料ブログはココログ

2009年2月25日 (水)

OCA 観梅サイクリング2009

今年もOCA(大阪サイクリング協会)の行事、観梅サイクリングの時期になりました。

温かくなったり寒くなったりの気温の変化で身体の方が対応出来ないこのごろです。

出発はいつものごとくJR森ノ宮です。コースも昨年と同様、玉造筋を南下し天王寺駅から近鉄阿部野橋の地下をくぐり庚申街道を通って長居公園へ、。

大和川の堤防からはフリーランで柏原市役所まで走ります。

出発地点で30数名だった参加者がここで50名になっていました。

柏原市役所からは恩智川沿いに北へ向かいます。

目的地の平岡梅林は咲き始めたばかりの梅でしたが春を探しに来た人々で賑わっていました。

この日の自転車はランブレットに新しく購入したナイジェルスミスのサドルバッグを付けて走りました。

ところがこのバッグ、予想していたより遙かに大きくどうやって固定しようか、悩んでいる次第です。

3月、4月、5月と泊付きのサイクリングが続くのでこれを使って行こうと考えているのですが衣類なら大丈夫でしょうが食べ物を沢山入れると危険な状態になりそうです。

 

R0011570 R0011574

JR森ノ宮に集合、いつものごとく大和川堤防で一休み

R0011576 R0011581_3

U氏とM氏のケルビム、オーストリッチのバッグがお揃いでした。

近鉄南大阪線の踏切を越え柏原へ

R0011601 R0011595

梅林は三分咲きぐらいでしょうか。

まだ2月ですからこんなものでしょうか

R0011604

この日に取り付けたナイジェルスミスのバッグ

凄い大きさです。

R0011606 R0011609

この大きさなら少々お土産を買っても入りそうです。

でも重たい物を入れないように気を付けなければ。

 

2009年1月16日 (金)

OCA(大阪サイクリング協会)初詣サイクリング2009

OCAの今年初めての行事、初詣サイクリングに行って来ました。

場所は毎年恒例の奈良県、石神神社です。

例年、冬の嵐吹き荒れる大変な天気が多いのですがこの日は雲一つ無い晴天でありました。

集合場所はJR奈良線、法隆寺駅です。

輪行で来るものも居れば大阪から走ってくる人も約60名の参加者で駅前にカラフルな自転車ウェアの花が咲いたようです。

ここから桜井方面へ東へ東へと自転車の長い列が進んで行きます。

雨を心配して泥よけ付きのランブレットを用意したのですがロードでも大丈夫でしたね。

たいした坂もなく11時過ぎには全員無事に到着、お祓いを受ける順番を待つ間に記念撮影をしました。

数年前まではお祓いを受ける場所は木の床で寒かったのですが、昨年から床には電気カーペット、そしてガラス張りの窓が入ってらくちんです。

宮司さんが今年一年健康に事故のない様サイクリングが出来ることを神様に頼んでいただきました。

この後は各クラブチームが思い思いのコースで午後のサイクリングを楽しみます。

我が北大阪CCは奈良駅前まで旧街道を走り駅前での食事会にて解散と相成ります。

しかし神様に交通安全を約束しておきながら飲酒運転は出来ません。

そのため、輪行のしやすい駅前のホテルのレストランをここ数年予約してあります。

昨年のコースの楽しかったこと、今年の計画などを話しながら時間はあっという間に過ぎてゆきます。

今年も天候に恵まれ楽しいサイクリングが出来ますようにとの思いで走った初詣サイクリングでありました。

R0011439  R0011444

ここへ来ると一年の始まりを感じます。

R0011446 R0011447

厳かな神殿であります。防寒対策も皆、ばっちしです。

R0011449 R0011459_2

お参りのあとは旧街道を奈良市内へ向かって走ります。

建物の間を走っているときは西風も受けず快適に走れました。

R0011464 R0011467_2

お昼は事前にバイキングを予約してあります。

その後は近鉄とJRに分かれて帰路につきました。

今年の行事もこの日のように晴れると良いですね。

2008年3月 8日 (土)

OCA 観梅サイクリング2008

今年もOCA(大阪サイクリング協会)の行事、観梅サイクリングに参加してきました。

まだまだ気温の低い日が続きますがこの日は前日の雨もあがりまあまあの天気でした。

出発はJR森ノ宮だったのでそこまで新しい自転車で自走してゆくつもりが寝坊をしてしまい慌てて走っていった次第です。

10分遅れで集合地点に到着したら、いつもならまだまだ出発していないのにこの日はすでに出てしまった後でした。

最後のチェックをしていた会長に詫びを入れて集団を追いかけ何とか天王寺の手前で追いつくことが出来ました。

いつものごとく天王寺駅東口が第2集合地点、その後大和川堤防、柏原市役所と集合ポイントがいくつか有り集団の人数が徐々に増えてゆきます。この日は40名まで人数が増えました。

天王寺駅から近鉄阿部野橋の地下をくぐり、辻調理師学校ととんかつで有名なKYKの本社の間を通り、苗代田(昔はこういう地名がありました)から庚申街道を通っていたのが今回は阿倍野区の住宅街の裏通りを進んでゆきます。

阿倍野高校の前から南下し銭湯などがある昔ながらの町並みを楽しみながらのんびりと走りました。

大和川の堤防はいつものごとくカーボンやアルミの最新の自転車に乗ったサイクリストが行き交いますがOCAの集団はほとんどがクロモリフレームにニッカスタイルで自転車に乗っています。

彼らからすると異様な集団に見えてるかもしれませんね。

柏原市役所からは恩智川沿いに北へ向かいます。

目的地の平岡梅林は咲き始めたばかりの梅でしたが春を探しに来た人々で賑わっていました。

途中で買った弁当を広げわいわいとおかずを交換しながら食事は進んでゆきます。

今年のOCAの行事は初詣、伊勢志摩、そして観梅と前日まで荒れた天気が続きながら当日は快晴に恵まれるという大変ラッキーなサイクリングが楽しめます。

どなたか幸運を持った晴れ男(女)がいらっしゃるのでしょうか?

昼食後各クラブチームは思い思いのコースで帰路に着きますが、北大阪は暗峠を超えてゆくということですが私はこの後深夜の仕事が有るため最寄りの駅から輪行で帰らせていただきました。

新しい自転車は又の機会に紹介させていただきます。

ご期待下さいませ。

R0010039 R0010043

出遅れた為天王寺駅の集合地点からの画像です。

阿倍野区の裏通りをのんびりと走ります。

R0010047 R0010048

長居公園に出るとぱっと視界が開けます。

マラソンの練習をしてられる方も沢山居られます。

R0010053 R0010054

大和川堤防、柏原市役所といつもの場所で休憩です。

R0010062 R0010063

線路を何回か渡り恩智川沿いに北へ北へと

R0010071 R0010073

美味しい食事を頂いた後はいつものごとく記念撮影です。

梅の開花はもう一つでしたが春を少し感じた楽しいサイクリングでした。

2008年2月13日 (水)

OCAぐるっとツアー伊勢志摩 

今回は何時もと違い現地までの足は貸し切りバスを利用してのサイクリングであります。

出発地点が志摩半島の御座ですので、そこまでの移動を考えるとバスを使ったサイクリングとなったとのことです。

出発の前日は大阪でも10cm近くの積雪があり当日は集合地点の森ノ宮までの足が大変だったでしょうね。

私もいつもなら駅まで行って輪行するのですがこの日は路線バスで移動しました。

三重県までの行程も雪のため西名阪道路が使えず名神を利用しての大回りとなりました。

さて今回のコースですが御座を出発し、熊野灘を右手に見ながら志摩町を通り大王崎へ。

次は阿児の松原を越えて安乗へ、そして宿泊となります。

行きのバスの中では子供の遠足のようなはしゃぎようで御座近くの道路では下り坂になると「これを登るんか?」、「今日はもうバスに乗っとこか」などと冗談を言いながら進んで行きます。

バスの中で昼食をすませ、御座港に着くと早速自転車を組み立てます。

今回の参加者は30名と多かったのはバスに荷物を預かって貰って軽装でサイクリングが出来ると言うのも理由の一つなのでしょうね。着替えをもってゆけるというのが有り難かったです。

皆さんベテランサイクリストばかりなので寒さに対応したしっかりした服装で自転車に乗って居られます。

厚手のニッカズボンにウールソックスは昼間の暖かい日差しから夕方の冷え込んでくる時間にも応用の利くウエアですよね。

志摩半島の複雑な入り江に作られた牡蠣や真珠の養殖筏を見ながら海岸線をのんびりと自転車集団が進んで行きます。

今回は灯台を2カ所回りましたが見学(参観)の出来る灯台って少ないみたいですね。日本には14カ所しかないそうです。

その内の2カ所が今回行った大王崎灯台と安乗灯台だそうです。

そう言われるとサイクリングで灯台をバックに写真を撮ることはよくありますが中に入るのは覚えがなかったですね。

短い距離でしたが初日のサイクリングは十分楽しめましたし、夕食の海の幸も楽しみました。

その後もサイクリストの夜は延々と続くのでした。

翌日は安乗灯台を見学し、牡蠣で有名な的矢を越えて海岸線の細い道路を鳥羽まで北上します。

途中には軽自動車も入れないような集落の路地も通ります。現地の人も30台ものおっさんの乗った自転車がぞろぞろと入ってくるとビックリしたでしょうね。

この二日間は気温は低かったですが天気にも恵まれ、海の幸も美味しかったですが熊野灘からの潮風と暖かい日差しが最高のごちそうでした。

幹事の皆様、ご苦労様でした。

2月の行事としては雪のない地域のコースに限定されますが来年も期待しています。

バスの中では幹事から配られたコースマップを確認

御座に着いたところは暖かい日差しが待っていました。

R0010023 R0010026

道路にはまだ昨日の雪が残っていました。

R0010029 R0013342

R0013348 R0013354

30名が一斉にスタートします。

信号も殆ど無く眺めも最高です。

R0013364 R0013359

そこら中にパールという名前が付いています。

眼下には養殖筏が見えます。

R0013368 R0013372

大王崎灯台は眺めがよかったです。

螺旋階段を上って上まで行きました。

R0013383_2 R0013381

Fさんは灯台の前で記念撮影です。

R0013389 R0013397

撮影大会の後は地元の海女さんの押す手押し車と併走します。

R0013399 R0013409

影の長さから冬の日差しが判ります。

海を見ると心が和みます。休憩の度にお菓子の交換が行われます。

これって楽しみですよね。

R0013411 R0013412

当日の夜はこんな料理がお迎えでした。

Mさんも舟盛りを撮影中。

R0013439 R0013442

翌日も伊勢志摩は晴天でした。バスの前に人だかりなのはH氏の自転車の故障した変速機の修理中です。

結局、破損がひどく変速機を外しシングルギヤでの走行となりました。

R0013445 R0013458

海岸線をペダルを廻しながら進みます。

R0013462 R0013464

この形の灯台は珍しいですね。

初代はこんな形の木造灯台だったそうです。

R0013503

景色の良い所になると自然に集団のスピードが緩み撮影大会と相成ります。

サイクリングをするのにはまだまだ寒い季節ですが、暖かい地域では楽しく遊べます。

春がもうすぐそこに来ている時期のサイクリングは場所選びに難しいですね。

でも自転車を愛する者にとってはいろんな季節に乗りたいものですよね。

色々難しい問題もある問い思いますが来年も期待しています。

OCA

(大阪サイクリング協会)の行事、「ぐるっとツアー伊勢志摩」に参加してきました。

2007年11月15日 (木)

第51回全国サイクリング大会in和歌山 その二

二日目の日曜日、心配された天気も大丈夫なようで本日も安心してサイクリングが出来そうです。

北大阪CCは設定されたコースでなく、「まわろうよ!!KINKI2008」で設定された和歌山県の3カ所の塔(平和記念塔、養珠寺の多宝塔、根来寺の多宝塔)を廻り土仏峠を越え中畑、神通と通って日根野へ出るルートです。

ホテルで朝食を済ませるとまずは和歌山城へ向かいます。いました、いました沢山のサイクリストが出発の時間を待っています。

早速、全国各地から集まってきた自転車を見て回ったのですが既製の物ばかりでTOEI等のオーダー車が見あたらなかったのが残念です。

和歌山市内等の設定コースを回るサイクリストを見送り、北大阪CCは午前中は塔を三カ所廻り根来寺で昼食となりました。

塔をコースに入れているクラブチームも幾つか有るようで時々出逢って挨拶を交わします。

昼食をすませた後は土仏峠を目指し山に取り掛かります。始めは綺麗に舗装された道路が続いていたのですが次にセメントの簡易舗装、最後のはガレた石の多い地道となり押しの連続です。それでも何とか登り切ると紀ノ川沿い町並みが眼下に開け最高の気分です。しかしここで一息つくのの、この後恐怖の下りが待っていました。登りと同じガレた石の地道の上、雨でぬかるんだ泥や水たまりも出てきます。ペダルを廻し後輪にトルクをかけないと下りでも止って転んでしまいそうです。

とても写真を撮れる状況ではなく、引きつった顔で路面とにらめっこしながらの下りでありました。

それでもMTBの様なコースをランドナーやスポルティーフで皆、平然と下るには感心しました。

何とか地道を抜けるとそこからは快適な泉州の山村、幹線道路に出るまで楽しいサイクリングを楽しみました。

このところ滋賀県のサイクリングが続いていましたが泉州、和歌山地方のみかん等の柑橘類がなっている山道を暖かい日差しを受けながら走るコースもなかなか良いものだなあと思いました。

Img943 Img944

大会のパンフレットとまわろうよKINKIの要項です。

R0013101 R0013105

集合地点の和歌山城です。後方に天守閣が見えます。

コース別に出発して行きます。

R0013109 R0013119

平和塔、養珠寺の多宝塔と回りました。

R0013121 R0013128

紀ノ川沿いのサイクリングロードを通って根来寺へ

ここの多宝塔はスケールが違います。

R0013136 R0013145

幹線道路から峠道へと入って行きます。最初は舗装された良い道だったのですが。

R0013147 R0013148

高度が上がるに連れ眼下の展望が良くなってきます。

R0013157 R0013158

ここからが恐怖の下りでした。

R0013159 R0013162

画像は危ないところを過ぎた後の路面が安定した所からです。

片手を離して写真を撮れる所ではありませんでした。

R0013165 R0013167

山から下りてくると幹線道路まで車のほとんど通らないのんびりサイクリングが楽しめました。

11月のみかんや、柿のなる時期に泉州、和歌山のサイクリングって良いですよね。

2007年11月13日 (火)

第51回全国サイクリング大会in和歌山 その一

全国サイクリング大会というのに初めて参加してきました。

(財)日本サイクリング協会が主催をして地元の和歌山県サイクリング協会が主管を務めています。

10日の夕方から大会式典、交歓会が始まるのでそれまでは各クラブは思い思いのコースで集合地点に入ってきます。

そして翌日は和歌山周辺の設定された3コースかフリーで走行すると言う形で進んで行きます。

我が北大阪CCは1日目は高野山の少し手前の駅、紀伊細川から花坂、志賀、中鞆淵、桃山大橋と山間のコースを通って和歌山市内へと向かいました。

南海橋本駅で乗り継ぎ電車は山の中へどんどん高度を上げながら進んで行きます。紀伊細川駅に着いたときには高度360mになっていました。ここら辺の駅は山の斜面にあって平坦地など全くありません。

早速、自転車を組み立て始めると木村会長が「気を付けんとホイールを転がしたら山の下まで取りに行かんとあかんぞ」といって脅かしますが、冗談ではないほど急な斜面に駅が有ります。

いざ出発となり、よいしょと言うまもなく数十mル下りそこからじわりじわりと登り始めます。気温が低いと思いウールシャツを用意してたのですが、汗をだんだんかきはじめ袖をまくりはじめる始末です。

ようやくたどり着いた花坂峠は、高野山参拝の宿場町として栄えたところであちこちに「焼もち」を売る茶店があります。

私もお土産に買い求めてしまいました。補給食にも良いですね。

この後は緩い上り下りを繰り返しながら紅葉の始まった山道を走ります。枝豆を沢山干してある民家や、柿やみかんの無人販売所があちこちにありのどかな風景が続きます。気温も20℃近く上昇し本当にのんびりしたサイクリングを楽しめました。

さて、いつもなら電車に乗って帰路につくのですが本日はこれからがメインイベントであります。

ホテルに荷物を預け送迎バスに乗り込み全国サイクリング大会の会場に向かいます。

会場は全国から集まったサイクリストで一杯になっていました。高齢者が多かったですが皆背筋が伸びた若い体の持ち主はさすが自転車乗りですね。

私としては長年乗ってられる他人の自転車が気になるのですがこれは明日と言うことで今日はこれで終わると

しましょう。

R0013033 R0013035

出発yの紀伊細川駅です。こんな駅からスタートです。

R0013039 R0013047

じわりじわりと花坂峠を目指します。

R0013059 R0013060

こんな風景を走るのは最高ですよね。右の画像は枝豆を干してあります。

R0013065 R0013070

京都みたいな紅葉ではないですが柿やみかんのなった山間部は走っていて気持ちがよいですよ。

R0013081 R0013076

全国サイクリング大会の会場です。

これから交歓会が始まろうとしています。

次へ続く。。。

2007年6月 4日 (月)

日本列島縦断センチュリーラン

今年も大阪港から宮津までのセンチュリーランに参加しました。

早朝の大阪港、天保山公園に続々と集まりだします。カーボンフレームにビンディングペダルが殆どでいつものサイクリングとはちょいと違うのでありました。なかでもコルナゴの多いこと。

今年は参加者が40名余りと昨年より多かったですが中でも初参加が10名以上居られた様に思います。

740分スタートと相成ります。休日の大阪市内を快調にペダルを廻します。

しかし池田あたりまでは良かったのですが何処で道を間違えたか西へぐるっと回って相当のロスをしてしまいました。

ここで相当スタミナを消耗したのか能勢のトンネル越えはなんとか越えましたがその後のはらがたわ峠の登りで足が一杯になってしまう始末。おまけに登りの途中で後輪がパンク、ついてないですねえ。

遠回りしたのが一番の原因なのですがチェックポイントの制限時間に遅れてしまいました。

すぐに出発したいのですが足が言うことが効かず30分遅れで再スタートをします。

このままでは宮津までは足が持ちそうにもないので福知山で終了と本部に伝え、残りを走りました。

それでも福知山まででも100km有るので大変です。この辺が景色も美しく緩い上り下りがあって一番楽しいところです。

その後のチェックポイントも同じ時間の遅れで何とか福知山に215分に到着、足の調子も何とか戻ってきて無理をすれば夕方頃には宮津まで行けるかなと考えましたが、50代になって無理も禁物。

しかし陽も高いこんな時間に帰るのも勿体ないので北大阪CCFさんを誘って宮津まで輪行で美味しい魚を食べに行きました。

40分ばかりで宮津駅に到着、駅前には走り終えた皆さんが記念撮影をされていました。

駅前の料理屋にはいると顔なじみのサイクリストがたくさん居られます。ローマンCCの皆さんはここで一泊して翌日は丹後半島を走られるとか。元気ですね。

早速私もビールを注文し美味しい日本海の魚介類をたくさん頂きました。ここの料理はひと皿200円からと格安なので相当頂いても本当に安いのです。

来年に向けてもう少し体重を減らして160kmを走れる体作りを考えなければならないですね。

R0012181 R0012184

今年もランブレットで走りました。

バッグは最近お気に入りのこれで揃えました。

R0012192 R0012194

閑散とした大阪市内を走り抜けます。

R0012197 R0012200

R0012202 R0012203

R0012205 R0012206

能勢のトンネルを幾つも越えて行きます。

今年は写真を撮る余裕が有りました。(笑)

R0012211 R0012217

今年も美味しい魚を頂きました。

右はイカの軟骨の唐揚げです。お代は200円です。

来年はしっかり走ってもっと良い気分で食べたいですね。

その為にはもっと練習をしなければならないですよね。

2007年3月 5日 (月)

OCA 観梅サイクリング

OCA(大阪サイクリング協会)の行事、観梅サイクリングに参加してきました。

この日は気温が20度にも上がり暖かいと言うより暑いと言った方が合うような天気でした。

出発はJR森ノ宮だったのですが実家に預けてある関根の実用車での参加を考えていたので大和川の堤防から合流と相成りました。

この頃の暖かさのためか実家のモクレンも満開状態です。

まずは満開の花と自転車を記念撮影をして出発となります。

いつもの小休止場所、近鉄南大阪線踏切付近で待っていると続々と走ってきます。

この観梅サイクリングもOCAの定番行事とし何十年も続いているようです。昨年までは平岡梅林だったのですが火は使うな。木に自転車を立てかけるなと小言が多くその内自転車の持ち込みも出来なくなるような雰囲気でして今年は道明寺になったようです。

今回は夕凪CCの担当と言うことで先導して貰い柏原市役所、そして石川自転車道を通って道明寺天満宮とペダルを廻します。

この日のコースは大和川堤防に入ってからは半分ほどが自転車専用道路として整備されているのでとても走りやすいです。

坂道もなくわいわいとお喋りをしながらいつの間にか道明寺に着いてしまいました。散り始めの梅を観賞しながら境内をのんびりと散歩します。

ここで昼食が取れれば良いのですが参拝者も多く河川敷に出来た新しい公園で食事と相成りました。

公園には広い駐車増もあり家族連れがバーベキューなどを楽しんでいました。

小高い斜面にめいめい陣取り楽しい昼食となります。

いやあ、ベテランサイクリストが多いためかリュックやフロントバッグから出てくるのはガスバーナーやなべ類が。

Sさんは去年出来なかっためざしを喜んで焼いています。

あっちではラーメン、こちらではお汁粉といろんな物が振る舞われています。

かく言う私もコンロとコーヒーを忍ばせていました。

自転車ですから大きい物は運べませんが皆でワイワイと楽しく良い雰囲気で時間が流れて行きます。

暖冬で梅は散り始めでもう一つでしたが楽しいサイクリングに満足の一日でした。

夕凪CCの皆様、ご苦労様でした。次回は関西友好サイクリングクラブラリーでお世話になります。

R0011682 R0011685

満開のモクレンです。隣の椿も蕾がふくらみかけてきたような。

R0011689  R0011692

近鉄線、踏切近くで待っていると続々と到着してきます。

R0011695 R0011696

記念写真を撮って再出発です。この付近は自転車専用道路なので併走しながら楽しく走れます。

R0011700 R0011702

道明寺天満宮に到着、まずは交通安全を願ってお参りをします。

まだまださん、ここの狛犬変わってますね。

R0011706 R0011707

散り始めでしたが満開の木もありました。

でも今日の雨で散ってしまったかな。

R0011718 R0011721

その後は昼食場所の公園を目指して走ります。

ハンドルには弁当がぶら下がっています。

R0011727_1

暖かい春の日差しのもと、ゆったりと時間が過ぎて行きます。

R0011729 R0011731

さすがOCAの集まりですね。田川スペシャルが沢山集まっていました。

こちらは20インチのデ・モンタブルです。特殊工作がてんこ盛りです。

来年も楽しく観梅サイクリングをしましょう。

OCAは全国でも一番行事が多いサイクリング協会です。

固苦しいことなんかは全然無いので参加してみて下さいね。

詳しくはOCAのHPを見てください。

2007年2月13日 (火)

OCA淡路島サイクリング そのに

二日目は島を横断し東海岸を北上します。

途中にある南あわじ市役所に併設された淡路人形浄瑠璃資料館を尋ねます。

会館時間前だったのですが大人数が押しかけたためか快く開けて頂きゆっくり見学することが出来ました。

テレビや映画のない時代の庶民の楽しみだったのでしょうね。

人形がこんなに大きな物とは思いませんでした。

楽しいからってゆっくりはしてられません。

またまた走り出すとそこには黄色い絨毯が現れました。

菜の花の畑です。しばしの間撮影会と相成りました。

その後東海岸へ出て北上します。淡路島は島が大きいためかアップダウンが少なくて走りやすかったです。

風の向きを見て東回り、西回りを考えて一周すると楽しいですね。

最後には明石海峡公園を通って対岸の神戸の町並みを眺めました。

近畿のサイクリング協会の会員の皆さん、こちらはまわろうよKINK2007の指定ポイントです。

とっても眺めの良いところです。是非行ってくださいね。

淡路島の色々なところを案内して貰い本当に楽しかったです。

そして帰りの電車までの時間に明石と言えばやっぱりこれですね。

近くの商店街でたこ三昧の一時を過ごしました。

日帰りでも十分楽しめるので関西にお住みのサイクリストの方々、是非淡路島サイクリングを楽しんで下さいね。

R0011421 R0011424

2日目も朝から元気です。

この日も気持ちの良いサイクリングが始まりました。

R0011433 R0011436

浄瑠璃資料館です。昔の小屋も再現されています。

R0011448 R0011446

突然現れた名の花畑にしばし小休止です。

早速、撮影会と相成りました。

R0011461 R0011465

R0011471 R0011474

明石海峡公園は良いところです。公園内も自転車で走れて気持ちよいですよ。

R0011492 R0011494

明石と言えばこれですね。

R0011496 R0011497

締めくくりはこれですよね。

明石の商店街にはいくつもの明石焼きの店があり楽しいですよ。

OCA淡路島サイクリング

OCA(大阪サイクリング協会)の行事「ぐるっと一周ツーリング」に参加し早春の淡路島を楽しんできました。

当日は明石港にいつもの面々が続々と集合してきます。

前日までの雨もすっかり上がり雲一つ無い晴天でした。

輪行状態でたこフェリーに乗りこみ岩屋港を目指します。

このフェリーは明石海峡大橋をくぐって行くのですがこんな大きな橋を人間が造ったと思うと凄いですね。

あっという間(20分)に岩屋港に到着、自転車を組み立て準備をします。

今年の冬は暖冬でこの二日間で沢山の春が見つけられそうで期待わくわくです。

今回はOCAの行事なのですが26名の参加者の殆どが北大阪CCでしめていまして走るスピードが速いし、一列棒状でとぎれることなく進んで行きました。こういうメンバーで走るのはとても気持ちの良いものですねえ。

まずは見学場所のひとつ目、野島断層保存館です。

断層のずれた後がそのまま残されていて自然の驚異の凄さが感じられました。

この後は海岸線を南へ南へとペダルを廻します。昼食後の訪れたのは高田屋嘉兵衛翁記念館です。

高田屋嘉兵衛は江戸時代の後期に活躍した廻船承認として有名で司馬遼太郎の「菜の花の沖」の主人公として登場します。

また一つ勉強になりました。

ただ走るだけでなく、歴史の勉強も出来るなんて幹事の皆さん、コース設定ご苦労様です。

当日の宿のある慶野松原付近は西風がとても強く横風にハンドルを取られながらも無事到着となりました。

さてさて走った後の楽しみは食事ですよね。

お風呂に入って食事の時間をわくわくしながら待ちます。

なんと言っても瀬戸内海の魚がメインですからねえ。

これは画像を見てお楽しみ下さい。

2日目はまた続きに。。

お腹が一杯になったところでU野氏の動物物まねが始まり皆を笑わせ夜は更けて行きます。

R0011416 R0011417

あんな大きな鯛がこんな姿に。Jさんお喜びのようで。

ひらめの造りが唐揚げに姿を変えて登場です。

R0011403 R0011406

とっても美味しいんです。たまりません。

鯛のほうらく焼きです。

R0011396 R0011398

この造りを食べ終わった頃には次の料理が出てきます。

走ったとは楽しいお食事です。こんな大きなヒラメの造りが並びます。

R0011391 R0011390

高田屋嘉兵衛記念館です。サイクリングをしながら歴史の勉強もできました。

R0011385 Img793

狛犬さんも沢山あります。新しいものはこんな大きかったです。

R0011367

R0011357 R0011362

お守りが沢山売っていますが何でも効くのでしょうか?

途中に寄ったいざなぎ神宮、ちょいと漢字が読めません。

R0011363 R0011365

ちょいとコースを間違えるとこんな所も通ります。

休憩するのも26名なら広いところが必要なのです。

R0011348 R0011355

淡路島をツーリングされる方はぜひよって欲しいですね。

震災の記録を伝える貴重な資料が沢山あります。

R0011340 R0011341

明石港で出発を待ちます。フェリーはこれから明石海峡大橋をくぐって行きます。

R0011320 R0011325

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30